よりよい外貨投資はどこだ?最新トレンドをキャッチしよう!
書店やコンビニに陳列されたマネー雑誌に目を通すと、意外にも知名度のわりに評判がよろしくないのが外貨預金。特に円から外貨、外貨から円に交換するときにかかる為替手数料が高い!というのが理由です。


かく言うガイドも、常々外貨預金の手数料の高さには辟易させられています。……が、最近の外貨預金キャンペーンに目をむけると、どうやら少しずつ状況は変わりつつあるようですよ。

いまどきの投資家は為替手数料を重視!

外貨預金といえば、円を米ドルやユーロ、オーストラリアドルなどの外貨に交換して預ける預金で、外貨投資の代名詞ともいえる存在。為替リスクがあるものの、円預金に比べて金利が高い、預けてから上手く円安になれば為替差益も得られる(※)、なにより勝手知ったるメインバンクでなら安心・手軽、となかなか魅力的な商品ではあります。……が、せっかくの高い金利や為替差益も水の泡、なんてことになりかねないほど為替手数料が高くては、コスト管理にシビアないまどきの投資家を満足させることはできません。

※為替差益を得られる場合もあれば、逆に為替差損を被る場合もあります

2005年11月11日現在みずほ銀行


いまどきのキャンペーンは為替手数料を優遇!

これまでに1度や2度は目にしたことのある外貨預金キャンペーンは、ドン!と派手な金利を打ち出したものが主流でした。でも、いまどきの投資家ニーズを反映して、為替手数料を引き下げた、地味だけれど堅実なキャンペーンも見られるようになってきました。中でも特に目を引いたものをこの場でご紹介しちゃいましょう!

【主な為替手数料優遇キャンペーン】
■外貨キャンペーン(ソニー銀行)
定期的に実施される超有名キャンペーン。1米ドルあたり10銭は破格!毎回心待ちにするファンも多い人気ぶりです。
外貨革命デビューキャンペーン(住友信託銀行)
新商品の登場を記念してキャンペーンを実施。特にネットバンキングの利用時には、1米ドルあたり20銭と手厚い優遇が受けられる。
外貨定期預金為替手数料&金利ダブル優遇キャンペーン(三菱東京UFJ銀行)
名前の通り、為替手数料も金利も優遇されるキャンペーンを好評につき期間延長で実施。

2005年11月11日現在※為替手数料は1通貨あたり片道の金額


これから年末にかけては楽しいイベント目白押しで、出費がかさみそうですね。でも実はこの時期、投資や資産運用への関心が全国的に高まる時期でもあるのです。1年間がんばったご褒美のボーナスを貰う前に、自分なりの使い道ならぬ「貯め道」にも思いを馳せてみてはいかがですか?

【関連リンク】
ボーナスの預け先もう決めましたか? ソニー銀行の外貨預金(All Aboutシングルのためのマネープラン)
その道のプロがガイドする、外貨預金のポイント 外貨預金特集・2004年12月版(All About30代からの将来設計と401k)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。