スイスフラン高を阻止する構え

日本と同じように通貨高が進んでいたスイスが、1ユーロ=1.2スイスフランを超えて高くならないよう介入を行うと発表し、世界を驚かせました。スイスフランを売りユーロを買うことで、スイスフラン高を抑えようとするものですが、先進国が為替レートの上限を定めて、これを守るために介入を続けるのは珍しいこと。また、介入を続けてもスイスフラン高が進んだ場合には、大きな為替差損を抱えることにもなるため、スイスフランの動きに注目が集まっています。

永世中立国スイスの通貨

観光地としても人気のあるスイス

観光地としても人気のあるスイス

よく知られる通りスイスは、ドイツ、フランス、イタリアなどの間に位置する永世中立国。広さは九州ほどしかないものの、その独立性から赤十字やWWF、WHOなど様々な国際機関の本部も置かれています。EUへは加入していませんが、EU向けの輸出割合は高く、歴史的にもヨーロッパ諸国との結びつきは強いとされています。

そんなスイスの通貨フランは、同時多発テロの際に買われたことや経常黒字国であることなどから非常時のお金の避難先と言われることもあります。

スイスフラン建ての金融商品

スイスフラン建ての金融商品は多くはありませんが、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、三井住友銀行などの大手銀行のほか、ソニー銀行や住信SBIネット銀行などが外貨預金を扱っています。また、取引所FX「くりっく365」でもスイスフランを取引することができます。

【為替レートの動きが分かるWebサイト】
スイスフランに関するニュースはそう多くありません。投資するために必要な情報は、Webサイトを使って集めるのが便利です。

【スイスの為替情報】
■ 銘柄情報 - Yahoo!ファイナンス
スイスフランの為替レート(対円)
スイスフランの為替レート(対ユーロ)
■ NIKKEI NET マネー&マーケット:為替相場・外国為替レート・金利

【スイスの基礎情報】
■ 外務省: スイス
■ 基礎データ – スイス - ジェトロ
スイス政府観光局

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。