ステップ3:退職金の運用を考えてみよう

寿命が伸びたことで、退職後に必要なお金も以前に比べて大きくなっています。その一方で、依然として続く低金利。多少のリスクをとって退職金の一部を運用してみようと考える人が増えています。

退職金の運用は、やり直しがきかないだけに慎重さが大切です。いちばん避けたいのが、「日本の株式だけ」や「外国の債券に投資するファンドだけ」など集中した運用方法。リスクを抑えて運用するためには、値動きの異なる対象をあれこれ取り入れる分散投資が基本です。


日本に住んでいるのですから国内への投資が多くなるのは当然ですが、過去の例からいえば外貨投資も組み合わせた方が全体の値動きは安定します。外貨投資ができる金融商品はどんどん増えてアクセスしやすくなっているので、検討してみてはいかがでしょうか?

【INDEX】
ステップ1:収支のバランスをチェックしよう
ステップ2:借金を返済しよう

【お知らせ】
外貨投資ガイドのメルマガ登録はこちら
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。