手数料がお得なのはクレジットカード

現地でショッピングやグルメを楽しむためにお得な方法を考えてみませんか?
旅先で使うお金といえば、ショッピングやディナー、ホテルの支払いなどに便利な「クレジットカード」、電車やタクシー、チップの支払いに必要な「キャッシュ」など。(盗難や紛失などの際に再発行ができる「トラベラーズ・チェック」もよく利用されていましたが、近年は利用者が減り発行をやめる金融機関も増えています)

いずれの方法でも日本円を外貨に交換するための手数料などコストがかかりますが、このコストに着目すると意外に差があることが分かります。

日本円を米ドルに交換する場合で見てみましょう。キャッシュなら金融機関が決める基準の為替レートプラス3円程度(※1)。クレジットカードは、カード会社の決める基準のレートプラス1.6%程度(※2)。比べてみると、為替レートにもよりますが、クレジットカードがオトクです。

<外貨調達方法別の費用の目安(米ドル)>
2014年3月時点

2014年3月時点。クレジットカードは、カードの種類により年会費等が生じます
 

<3000米ドル利用した場合の費用の目安(1米ドル=100円)>
2014年3月時点

2014年3月時点クレジットカードは、カードの種類により年会費等が生じます

金額が大きくなるほど差は大きくなるので、「大して変わらない」なんて言わずにチェックしてみるのがオススメです。

※1 みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行など成田空港内に支店のある金融機関のレートを参考にしています(2014年3月時点)
※2 三井住友VISAカードを参考にしています(2014年3月時点)