結婚式・披露宴マナー/結婚式・披露宴マナー関連情報

厄年には厄払いをしないといけない?

厄年に行う厄払いについて、解説します。典型的な迷信、と言われればそれまでですが、やらないよりは、やったほうが気分的には落ち着きますよね。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「厄払いは典型的な迷信」と思われる方も世の中にはいらっしゃるでしょう。それはそれでいいと思います。しかし、迷信と言われればそれまでですが、やはり今年厄年と言われたら、厄払いもやらないよりは、やったほうがよいかもしれません。「悪いことが続くな」と思っても厄払いを済ませておけば、きっと気分的には落ち着くでしょうね。では気になるその方のためへ調べてみましたので、ご参考までに!

厄年
数え年のカウントの方法は、年明け後に誕生日を迎えていない人→満年齢+2
誕生日を迎えた人→満年齢+1
お誕生日を迎えるまでは、満年齢+2歳。

厄年のルーツ

厄年というのは、平安時代、陰陽道(おんみようどう)で説かれた考え方で、一生のうちで特定の年に災難がふりかかることが多いとされた年令。陰陽道の書「口遊(くちぶさみ)」では、厄年の具体的な年齢が書かれています。

厄年は十二支占いを参考に算出され、12年に一度となっていました。たとえば、13、25、37、49、61、73、85、91歳。しかし時代と共に年齢も変わっていき、江戸時代に入ってからは今で言う、男性は数え年で、25歳・42歳・61歳。女性は、19歳・33歳・37歳が厄年とされています。

こうなった根拠はいろいろな説が考えられます。
  • 42歳は四二(死に)、33歳は三三(散々)、19歳は十九(重苦)といった語呂合わせ説
  • 若者組みの脱退(25歳)や神事を司る資格年齢(42歳)と江戸時代の農村社会の背景説

本当のところは、わかりませんが、人間の長い人生には要所要所で節目があり、だいたいこの年齢(厄年)になると、男女とも肉体的や生活環境がいろいろ変わってきます。その節目を充分に注意して、すごすようにと昔の人は「厄年」に重ね合わせたのです。


更新日:2013年12月27日

(公開日:2008年01月12日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する