結婚式・披露宴マナー/ご祝儀・祝儀袋

ご祝儀袋の表書きとマナー

ご祝儀袋の書き方マナーを解説。表書き・中袋ともに正しく記し、恥ずかしくないご祝儀袋を持って、結婚式に向かいましょう。連名の場合、企業名を入れる方法、などもご紹介しています。

執筆者:中山 隆司

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
書き方のポイント
  • 表書きは毛筆や筆ペン、サインペンなどを使い、濃い墨で楷書体で書く
  • ボールペンや万年筆、および薄い墨はNG
  • 中袋の表面中央には、漢数字で金額を。裏面には必ず住所を書く
最近では祝儀袋の形態も様々、表書きも印刷されている商品もあり便利になりました。また、表書きもワードソフトを利用してプリンターで印刷する商品もあります。しかし、本来は一字一字心をこめて書くのが正解。筆者もそうですが、筆を使って祝儀袋に表書きを書くのはなかなか難しいですね。苦手でもがんばって書くようにしましょう。

祝儀袋の表書きに関する注意点


●ボールペン、万年筆の使用や薄い墨は×
表書きは毛筆、筆ペン、サインペンなどを使用し、濃い墨(毛筆、筆ペン)で楷書体で書きます。ボールペンや万年筆の使用や薄い墨で書く(仏事の書き方)のは失礼になりますので注意しましょう。中に入れるお金は「新札」が望ましいので、早めに銀行などで交換しておきましょう。

表書き例:「寿」・「御結婚御祝」・「御祝」

【名前の入れ方のポイント】


●個人名の場合
水引の結び目中央上に上書きをし、名前は中央下にフルネーム(姓と名)で上書きよりやや小さめに書きます。

注意:この場合の画像の「寿」は印刷されていますので書く必要はありません。



●連名の場合
右側より地位・年齢が上の人から左側にむけて下位の人の順で書きます。地位・年齢の関係がない場合は五十音順に。3名くらいが限度。

更新日:2001年09月25日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    134

    この記事を共有する