学習・勉強法/中学生の勉強方法・学習習慣

「志望校に合格する子」の夏休みの過ごし方

「夏休みを制するものが受験を制する」。受験に携わっている人が一度は口にする言葉です。これはホントのこと。今回は、志望校に合格する受験生の典型的な夏休みの過ごし方について紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もうすぐ夏休み。プールに、映画館に、遊園地……。しかし、受験生にとっては、「遊んでばかり」という訳にはいきません。

「夏休みを制するものが受験を制する」。受験に携わっている人が一度は口にする言葉です。これは決してはうわさ話などではなく、ホントのこと。夏休みを有意義に過ごした受験生は得てして合格してしまうものです。

そこで今回は、志望校に合格する受験生の典型的な夏休みの過ごし方について紹介します。

合格する子の夏休みの過ごし方「勉強編」

受験勉強はまず復習から。特に1・2年生の内容の復習が重要
受験勉強の第一歩は復習から。まとまった時間のあるこの時期だからこそ、弱点や苦手科目の克服のためにまずは徹底的に復習を。

特に1・2年生の内容の復習が重要。学校で復習用の教材をもらっていたら、まずはそれをしっかりとこなすことから始めましょう。市販の問題集を購入する場合は、単元別にまとめられたコンパクトな問題集を選ぶことをオススメします。それは1・2年生の復習用の教材でOK。難しい内容の問題集や、分厚い参考書を買う必要はありません。せっかく買っても、やらずに本棚に眠っていたら力はつかないからです。当たり前のことなのですが、結構やってしまいがちなのでご注意を。

教科別では、まずは得意教科をつくりましょう。得意教科があることは、受験生にとっては一番の強みとなります。一方で苦手教科の克服も心がけましょう。英語や数学は受験直前になってあわてて勉強しても、なかなか実力はアップしないもの。なぜなら、英語や数学の成績不振の原因のほとんどが1・2年生の内容の理解不足にあるからです。だからこそ、この時期に1・2年生の内容を復習を。

国語は、まずは音読して文章がきちんと読めるか確認。できなかった教科書を何度も口に出して読んでみて、スラスラ読めるようになるまで練習。国語の基礎は音読からです。漢字や熟語、慣用句やことわざ、そして詩や古文などの重要表現も一通りチェックしましょう。

理科や社会は受験直前まで追い込みが可能ですが、できれば早い時期から復習をしっかりとやっておくことは言うまでもありません。

勉強方法も工夫次第!夏期講習も活用しよう

勉強の仕方も工夫しましょう。受験では、教科書通りの順番に問題が出たりすることはありません。さまざまなパターン、さまざまな分野から問題が出題されます。だからこそ、単元別や分野別に基礎基本のおさらいが重要。英語なら、否定文、疑問文、時制、不定詞。数学なら、方程式、関数、図形など。歴史なら、中世、近世、近代など、同じ時代の異なった国同士の横のつながりについてまとめておくことが大切です。

「夏期講習」など、学習塾の講習会も積極的に活用しましょう。学習塾でも夏期講習は一番のウリ。周りの受験生に刺激されながら、受験モードに突入する絶好のチャンスです。

入試問題(過去問)に挑戦するのは、まだ少し早いです。なぜなら、まだ習っていない内容があるから。この時期に過去問をといても、あまりできが良くなく、逆に自信を失うことにもつながることも。それでも過去問を解きたいという場合には、「どんな問題が出るのかな?」といった傾向をつかむくらいでOK。あくまでも「まだ準備段階」であることをお忘れなく。

>>次はこれが合格する子の夏休みの過ごし方「生活編」>>

更新日:2006年07月05日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    15

    この記事を共有する