ボディケア/生理・PMS・セックス関連情報

生理周期にあわせてキレイにスリムなろう!

生理周期とダイエットの関係やお肌との関係を解説するとともに、生理周期に合わせてよりキレイにスリムになる秘訣をお伝えしていきます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生理周期とダイエットの関係

生理周期に合わせてスリムを目指そう


生理周期に合わせてスリムを目指そう
 

「生理中にダイエットをはじめたけど、うまくいかなかった」という話はよく聞きますよね。では実際に生理とダイエットには何か関係があるの? と疑問に思っている人もいるかと思います。結論としては、生理とダイエットは密接に関係していて、ベストなタイミングでダイエットを始めることによってダイエットが成功しやすくなるのです。女性であれば誰しも生理前、生理中、生理後の自分の体調不良を経験しているはずです。女性の体のサイクルを生理周期で考えた時に、どの時期にどのようなことをしたらよりキレイでスリムになれるか、ということをお伝えしていきます。

 

ダイエットがうまくいきにくい「生理前(排卵後~生理前」

生理前はよく「イライラ」したり「体が重く感じる」人が多いのですが、それは月経前症候群(PMS)によるものです。PMSは排卵後である生理がはじまる約2週間前頃から現れる現象なのですが、卵巣から多く分泌される黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンによって起こります。このホルモンの分泌が増えるとどのようなことが起きるかと言うと、生理による出血によって起きる栄養不足を補おうとして体が水分や塩分を蓄えたり、脂肪を蓄えようとするため、生理前は体重が増えたりむくんだりするのです。また、イライラすることで食欲が増してしまうこともあり、この時期からダイエットをするのにはあまり向いていません。

ダイエット準備期間の「生理中」

生理になると個人差はあるものの、さらにイライラが増してきます。それだけではなく、過食になってしまう人もいますし、むくみもひどくなるので体重が増えてしまうことも結果としてありえるのです。ですから、できれば生理中は無理にダイエットをしないことをオススメします。また、生理中に極端に食事を減らしたり、過度な運動をすることで体調を崩しかねませんので、リラックスした状態でむくみを軽減するためのストレッチやマッサージをして、いざダイエットをスタートするための準備をしましょう。

「やせ期」に突入する「生理後(生理終了後~排卵日」

生理が終わったら「やせ期」と言われる時期に突入するので、ダイエットをはじめるのであれば断然この時期をオススメします。生理終了後から排卵日にかけては卵胞ホルモンという女性ホルモンが卵巣から徐々に分泌され、新陳代謝がよくなりむくみもおさまります。排卵日とは、生理周期が28日の人の場合、生理がはじまった日から14日前後が排卵日になりますので、生理が6日で終了したとすると、7日目から14日目が最もダイエットに適した日と言えます。この時期は積極的に体を動かしましょう。食欲も生理前と比べると落ち着いてくるのでバランスが取れた適量の食事を心がけ、間食を避けるようにしましょう。生理後にきちんとしたダイエットを始めることで、結果が現れやすくなります。

さらにスリムを目指すには!?

ダイエットを成功させるには、当たり前ではありますが毎日体重を量り記録することが大切です。そうすることで、生理前と生理中、生理後の体重の変化などもおのずと分かってくるからです。生理が終わって、生理前よりもぐっと体重が落ちた時から1週間で集中的にダイエットを行い、その後の生理前の時期は体調や精神状況を見ながら、無理なくダイエットを続けることが大切です。ダイエットをスタートしてからペースを変えずにダイエットをし続けると、どこかのタイミングで体の調子を崩しかねませんので、そのためにも体重の変化をこまめにチェックしておきましょう。

更新日:2012年09月27日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する