膠原病・リウマチ/その他の膠原病・リウマチの病気

橋本病の原因・症状・検査・治療

橋本病は女性に多く、甲状腺ホルモンが不足してしまう病気です。慢性甲状腺炎による甲状腺機能低下症と言われ、甲状腺ホルモンが少ないために様々な症状が出ます。橋本病の原因、症状、検査、治療法について解説します。

この記事の担当ガイド

法律、経済など多くの資格をもつ現役のアレルギー・小児科医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

橋本病とは

橋本病とは、、慢性甲状腺炎による甲状腺機能低下症のことです。甲状腺炎は、自分を攻撃するリンパ球や抗体によって起こる「自己免疫疾患」。1912年に橋本策(はかる)先生が発見したので、橋本病と言われています。

男性の2-~30倍以上、女性に多く、年齢は20歳代から見られ、30~40歳代に多いです。学童期には少ないのですが、私は14歳の症例を診たことがあります。髄膜炎で入院した子でしたが、最近元気がないということで血液検査をすると、甲状腺ホルモン低下が確認できました。

橋本病の症状

甲状腺

頸の中央にあるのが甲状腺で蝶のような形をしています

甲状腺そのものが炎症になっていることによる症状と、甲状腺機能低下による症状があります。

甲状腺そのものの症状は、甲状腺の腫れです。丁度頸の正面が腫れていて、硬く、表面がゴツゴツした感じになっています。

甲状腺が腫れて甲状腺炎を起こしていても、甲状腺ホルモンの値が正常である人がいます。約30%程度の人は、甲状腺ホルモンの値が低くなっています。

甲状腺ホルモンの低下症状として、以下のようなものが挙げられます。
  • 粘液水腫という、体、特に手や顔がむくむ症状。むくみは指で押してへこむが元に戻るのが特徴
  • ノドが腫れた場合、声が枯れる
  • 皮膚が乾燥し、カサカサする
  • 体の代謝が減って熱の産生が減るので、寒さに弱く、夏は暑さを感じず、汗もあまり出なくなる
  • 無気力になって、よく寝たり、動きがにぶくなったり、話し方もゆっくりになる
  • 食欲が減るが、むくみのため、体重は増える
  • 腸の動きが悪くなり、お腹が張ったり、便秘になる
  • 脈がゆっくりになる徐脈。時に心臓と心臓の周りの袋の間に水がたまり、心臓の動きが悪くなる
  • 女性に多いので、月経量が増えたり、期間が長くなったり、流産しやすくなる
など。橋本病が急に発症し、甲状腺ホルモンが急に血液に出る、橋本病の急性増悪が起きた場合、甲状腺ホルモンの過剰な状態での症状、脈が速くなる動悸、頻脈、発熱、発汗、甲状腺が急に腫れるなどの症状が起きることがあります。

次のページでは、橋本病の検査、治療について説明します。

更新日:2011年08月23日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    180

    この記事を共有する