姿勢・仕草/シーン別の正しい姿勢・仕草

目指せ3割増し美人!美しく見える写真の写り方

旅行に行ったり、久々に友人と集まったりと、想い出を写真におさめる機会は多いもの。楽しい思い出とともに、自身もキレイに写りたいものですよね。今回は、姿勢で変わる写真映りのテクニックをご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エッ…これ私!?」なんていう、悲しい写真をなくしたい

写真映りは姿勢で変わる

写真映りは姿勢で変わる

楽しい思い出を写真におさめたいけれど、実際にできあがった写真を見てがっかりしてしまった……なんていう経験は誰にでもあると思います。

モデルや女優の中には、カメラマンによって撮影した顔が異なるケースがあるため、自分を一番美しく写してくれるお気に入りのカメラマンさんを指定して撮影する人も多いそう。

写真は、光の加減や対象を移す位置によって美人度が変わるので、その点を利用すれば、「写真写りのいい人になる事」も夢ではありません。


位置によって、TPOで使い分けよう!

「撮影者の位置」と「撮影される人の位置」によって、写真の写り方が異なることを知りましょう。まずは、撮影者の位置によって身体のバランスが変わることを紹介します。

【撮影者の位置で変わる身体のバランス】
写真を撮影する位置により身体のバランスが変化します。
下記の2枚の写真をご覧ください。

上半身と下半身が同じ長さ

上半身と下半身が同じ長さ

こちらの写真はやや上から撮影したものです。
身体のバランスは上半身と下半身が同じです。
やや上から撮影している為、全体のポイントが顔に行きやすいので、表情が良く見える写真となります。

スタイルを重視するよりも表情を映したい時には、このように、やや上から撮影すると良いでしょう。

 

下半身が長いとスタイルアップ

下半身が長いとスタイルアップ

左の写真は、やや下から撮影したものです。
下半身と上半身の割合をみると、下半身のほうが長く写ります。脚が長く見えるため、スタイル良く見せたい場合は、このように、やや下から撮影すると全身のバランスが良く見えます。

さらに、写真に写る際は、身体を正面に向けるのではなく、カメラに向かって身体をねじると、身体のラインにメリハリが生まれ美しいボディーラインに見えます。

 

次に、撮影される人の位置によって、印象が変わるケースをご紹介します。

集合写真の立ち位置と姿勢】
集合写真の時のの立ち位置にも、美人に写るポイントがあります。

身体は斜めに向けて

身体は斜めに向けて

赤丸で囲まれた女性をご覧ください。
集合写真の場合でも身体をカメラに向けて身体をやや斜めにして立っており、身体のラインが美しく見えます。

カメラに向かって真正面に身体を向けると身体のラインにメリハリがなく、スタイルが悪く見えてしまいます。可能であればカメラから遠い位置に立つとスリムに見えます。

ここで一点注意が必要なのは、携帯やコンパクトカメラは広角レンズが主となっており、対象物が湾曲して見えやすい特性があるということ。特に、端側で映るとそれが顕著なので、レンズにむって身体を斜めにする事を忘れずに心がけてスッキリ写りましょう。

次に、集合写真で、しゃがむ必要がある場合の美しく写る姿勢です。

顔が目立つ姿勢です

顔が目立つ姿勢です

左の写真の真ん中の女性をご覧ください。
上記でご紹介した「集合写真の立ち位置」のレクチャー通り、カメラに向かって身体を斜めにしています。

しかしながら、前列で、身体が「く」の時になると、写真に映る面積が増し、後列の人と比べると、実際よりもふくよかに見えてしまいます。さらに、顔の位置が膝よりも前面に来ていると、顔が大きく見え、他の人よりも随分目立った写真となります。

 

バランス良い姿勢です

バランス良い姿勢です

左の写真のように、腰を落として背筋を伸ばすと、しゃがんでも身体がコンパクトにまとまっているので、バランスが良い姿勢となり、他の人とも一体感が生まれる写真となります。

美しく見える為には、上記でレクチャーしたように、カメラに向かって正面に向くのではなく、身体をやや斜めにするとほっそりと映ります。

 

次のページは「美しい顔写真の撮られ方」をご紹介します。

更新日:2011年08月08日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する