部屋探し・家賃/部屋探し・家賃関連情報

賃貸の「借り時」を考える~物件が多いのは? 部屋が借りやすい時期はいつ?

部屋を探すときってどんなときでしょう?「急に転勤命令が出たとき」「希望していた学校に合格したとき」「結婚が決まったとき」・・・それぞれ事情はありますが、借りやすい時期ってあるのでしょうか?

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
部屋探しをするタイミングって、進学、就職、転職、転勤、結婚、出産など人生の転機であることが多いですよね。突然、しかも急に(短期間で)引っ越さなければいけないときもあれば、半年後に引っ越すこともあります。
確かに部屋探しの時期を自分のライフスタイルに制約されることもありますが、今回は業界の賃貸物件の動きについてお話しましょう。

1年中、必ずしも同じではない!


賃貸物件はつねに動いています。それは人の動きと実に密接にリンクしており、そのあたりをしっかり理解していると、自分にあった部屋探しの時期を見つけることが可能!では、まずは物件の動きからみてみましょう。

グラフ1:年間の募集件数推移グラフ
月別物件登録数
出典:リクルート フォレント 2004年マンション登録データ


グラフ2:月別問合数推移グラフ
問い合わせ数
2004年 レンターズにきた反響数より。1月度の問い合わせ件数を100%として他の月を比較した


<新築を探すなら>

新築を探すなら12月から3月


賃貸物件が最も動くのは3月。不動産会社の契約数は3月がダントツで多いのです。なぜなら3月は、進学、就職、転勤など、なにかと人が動く時期。

新築物件はこの時期に完成されるように狙って建てる大家さんが多いため、新築物件情報が一番多いのもこの時期になります。そして募集条件が決まるのが早いものだと12月頃ですから、新築情報は12月から3月に多くでてくるのです。新築にこだわって住み替えたいのなら12月から部屋探し開始が成功の秘訣です!

では、中古物件の動きはどうなのでしょうか?>>>次へ

更新日:2005年07月07日

この記事を読んで良かったですか?

良かった

3

この記事を共有する