部屋探し・家賃/賃貸の間取り選びのポイント

使いやすい2DKの間取り大研究

部屋を探すときに最初に手にする情報といえば、間取り図。2DKタイプは二人暮しだけでなく、一人暮らしにも適しています。そこで、2DKの間取りを研究してみましょう!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2DKといえば、居室が2部屋とDK(ダイニングとキッチン)があるタイプの間取りのこと。二人暮らしをスタートするときに選ぶ人が多いのですが、一人暮らしで借りる人も少なくありません。2DKと言っても、その間取りによって使い勝手は少し違います。間取りごとに見てみましょう。

※間取り図表記に「K」「DK」「LDK」などがありますが、これらは特に何畳以上という規定はありません。が、ここでは、6畳以下のものを「K」、6~10畳未満のものを「DK」、10畳以上のものを「LDK」と表記しています。

標準的なのは40平米


2DKの代表的な間取りは、6畳の和室+6畳のDK(ダイニングキッチン)。居室の6畳2間は、洋室の場合もあります。このタイプだと面積は40平米程度。押入れは1間、バストイレは別。たいていは居室が2部屋バルコニー側に面して並んでいて、その反対側がDK、そこに玄関があるというもの。
A:2DK B:2DK
【A:2DKの標準的な間取り】
居室2部屋がバルコニーに面し、玄関側にDKがあるタイプ。アパートに多い
【B:2DKの標準的な間取り】
バルコニーに面した2部屋の居室の間が壁ではなく、襖や戸などになっているタイプ。開け放して1部屋につなげて使うことも出来る


このタイプの間取りは、2部屋の居室の間が固定された壁なのか、襖などの戸なのかによって使い勝手が違ってきます。【A】のように洋室と和室が壁で仕切られている場合には、それぞれの部屋を独立させて使うことができます。例えば、寝室と居間を区別して使いたい場合や夫婦がそれぞれの部屋を欲しいときに適しています。2人でルームシェアするのにも使いやすい間取りです。また、一部屋を納戸のように使うこともできますね。
一方、【B】のように、2つの居室の間が襖などになっている場合には、戸を開け放せば2つの居室をつなげて使えることができ、広めの1DKに変化させることができます。子供が小さくて目を離せない場合には、できるだけどこにいても部屋の隅々まで目が届きやすい、こういった間取りが適しています。さらに、風通しもよく、エアコンも1台設置すれば部屋全体に効かせることができるのも、この間取りならではのメリットですね。

ただし、40平米程度だと玄関スペースをしっかり確保することが難しく、DKの一部になってしまうケースがほとんど。シューズクロゼットももちろんなく、玄関を空けたらいきなりキッチンが丸見えなのが難点。
⇒専有面積が広くなると・・・

更新日:2006年08月03日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    6

    この記事を共有する