部屋探し・家賃/賃貸の間取り選びのポイント

専有面積ってどの部分?

賃貸広告に書いてある「専有面積」って、いったいどの部分なのでしょう?バルコニーは?収納は?トイレ?これを知っていれば、情報を読み取る力がアップします!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まずは問題。賃貸情報に書いてある「専有面積」に、以下の項目は入るでしょうか?

トイレ
この部分、専有面積に入ってる?

1)収納
2)トイレ
3)バルコニー
4)ロフト


さて、答えはいかに!?

 

専有面積とは?

マンションやアパートなどの集合住宅では、個人的に使用できる部分と共同で使わなければいけない部分とがあります。このうち、借主が個人的に使ってもいいスペースを「専有面積」と言います。

そもそも、分譲マンションなどの区分所有建物の専有面積は、2通りの計算の仕方が用いられています。

ひとつは「壁心面積」といって、部屋を真上から見たとき、壁の厚みの半分のところから内側を面積とする方法。もうひとつは、「内法面積」といい、壁の内側の実際に使用できる部分だけを面積とするもの。ですから、壁心面積では壁の厚みも含まれているため、実際に居住できる空間より少し広く表示されていることになり、内法面積のほうが居住空間そのままの広さを表しているのです。

区分所有建物では、建築基準法が「壁心面積」によるのに対し、不動産登記法では「内法面積」となっており、分譲マンションなどの分譲広告では原則的には「壁心」で表記することになっています。が、中古マンションについては「内法」で表記することができます。ただし、内法面積で表記するときには、その旨を表記(登記面積であること)しなければなりません。

では、賃貸ではどうかというと、分譲タイプの賃貸マンションについては、上記のように基本的には「壁心」、中古に関しては「内法」も可、という表記がされています。

でも、それ以外の賃貸用マンションやアパートなどは壁心なのか内法なのか、厳密には分からないものが多いのですが、どうやら内法面積で表記されているものが多いようです。

ちなみに、「壁心」で表記されている場合には、実際に使用できるスペースは表記より少し狭くなることに注意。

さて、最初にした質問に答えましょう。

更新日:2014年02月15日

(公開日:2006年09月01日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    6

    この記事を共有する