アレルギー/アレルギーの原因・アレルゲン・遺伝・環境

アレルギーのメカニズム

食物アレルギー、花粉症、アナキラフィシーなどのアレルギーはどうして起こるのでしょうか? アレルギーのメカニズムについて、分かりやすく説明します

この記事の担当ガイド

法律、経済など多くの資格をもつ現役のアレルギー・小児科医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそもアレルギーとは?

アレルギーというのは、アレルギーを起こす物質(アレルゲン)に免疫を担当する細胞たちがが反応して、これを体から除こうと、過剰な反応をしてしまうことです。本来は体にとって有害な物質を取り除く、大切な反応なのですが、その反応が過剰ですと、アレルゲンがもたらす症状以上に過剰反応による症状が強くなってしまい、日常生活に支障が出ます。

反応の程度は人によって異なります、そのアレルギーが何によって起こって、体のどの部分に症状が出るかで病名が変わってきます。

例えば、気管支でアレルギーの反応が出て、気管支が狭くなると、咳や呼吸がゼイゼイするという症状が出て、「気管支喘息」になります。花粉でくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが出てくると、「花粉症」になり、くしゃみで体内に入った花粉を体から出しています。

アレルギーのメカニズム

卵、ダニ、スギ花粉などのアレルゲンが体に入ってくると、これを排除しようと体が反応します。排除するために、抗体を産生するという働きを持つBリンパ球が、アレルゲンに反応するIgEを作って、アレルゲンを除こうとします。しかし、Bリンパ球単独では、IgEを作ることはできません。そこでアレルゲンに反応するヘルパーTリンパ球がやってきて、Bリンパ球を助けてくれます。助けをもらって、Bリンパ球はアレルゲンと闘うためのIgEを作るわけです。

アレルギーのメカニズム


ヘルパーTリンパ球には、1型ヘルパーTリンパ球(Th1)と2型ヘルパーTリンパ球(Th2)の2種類があります。Bリンパ球のIgE作りを助けるのが「Th2」で、IgEの作りすぎを抑えるのを助けるのが「Th1」です。

本来はこの2つの働きはバランスよく行われるはずなのですが、アレルゲンが入ってきたことで過剰反応をしてしまうと、「Th2」の働きがやたらと強く、「Th1」の働きがやたらと弱くなってしまい、「Th1」と「Th2」のバランスが悪くなってしまいます。
「Th2」の働きによって、IgEが作られ、IgEがヒスタミンなど作り出すために、アトピーや花粉症と呼ばれる症状が出てくるのです。

主なアレルギーの症状

アレルギーの症状は実に様々です。主なものを挙げると
咳、鼻水などの症状が続く場合は要注意です
  • 皮膚 : 湿疹、じんましん
  • 口 : 口の周りの湿疹、唇の腫れ・発赤、舌の腫れ・発赤、ノドの唇の腫れ・発赤
  • 鼻 : 鼻水、鼻づまり、鼻のかゆみ
  • 気管支 : 咳、喘鳴(ぜんめい:ゼイゼイ・ヒューヒュー・ゴロゴロという喉の違和感)、息苦しさ、呼吸が早くなる
  • 目 : 目のかゆみ・充血、眼脂(がんし:めやに)
  • 消化管 : 嘔気、嘔吐、下痢
  • 全身 : アナフィラキシー、血圧低下
    など


免疫とアレルギーには深い関係があります。
   ⇒ 3.免疫について>>

更新日:2009年04月01日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する