アレルギー/食物アレルギー

花粉症と果物アレルギーの関係!

旬の果物は美味しく、水分、ビタミンの補給によい食物です。花粉症の人では、花粉が飛んでいない時もメロンやトマトなどの果物アレルギー(口腔アレルギー症候群)に対する注意が必要です。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
花粉症の人は果物アレルギーに要注意!

夏から秋は果物が豊富です。旬の果物は美味しく、水分、ビタミンの補給によい食物です。花粉症の人は花粉が飛んでいない時も食物アレルギーの一種の果物アレルギー(口腔アレルギー症候群)に対する注意が必要です。

花粉症の人は果物アレルギーを起こし易いのです。

果物アレルギーは花粉症より時に強烈です

花粉症の人は花粉症の時期に花粉を含んだ空気を吸い込むと咽の奥の痒みや痛みなどの違和感を感じますが、この時期気をつけたいのは果物アレルギー(果物過敏症)です。※口腔アレルギー症候群が正式名称です。

口腔アレルギー症候群では、特定の果物(野菜)を口に入れると、花粉を吸い込んだ時と同じように、咽の奥、唇、舌の痒みや痛みを覚えます。さらに吐き気や下痢などの消化器症状を起こします。花粉症ではあまり起きない喘息発作を起して、救急車を呼ぶ事態になることもあります。

それでは、具体的にどんな果物(野菜)に気をつけなければならないのか?どんな花粉症の人が、どの果物にアレルギーを起しやすいのかなど詳しく見ていきましょう>>次ページへ

更新日:2003年07月01日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    34

    この記事を共有する