ストレス/仕事・職場のストレス(パワハラ・セクハラ等)

許すまじ! モラルハラスメント

言葉や態度などによって心を傷つける精神的暴力「モラル・ハラスメント」を知っていますか? モラハラをする人、受ける人の特徴は? 被害を避けるにはどうしたらいいの?

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「モラルハラスメント」を知っていますか?

undefined

何気なくかける言葉が、モラハラになっていることも……

――休日、あるお宅では、家族での外出の準備をしています。お母さんは、朝食の片づけや子どもたちの世話に忙しく、一方、支度を終えたお父さんはさっさと運転席に乗り込み、エンジンをブルン、とかけはじめました。

お母さんは夫を怒らせてはいけないと、化粧もそこそこに、あせる気持ちで家中のカギをかけて回ります。しかしお父さんは待ちきれず、大きく2~3回クラクションを鳴らします。せかされたお母さんは、慌てて助手席に乗り込みましたが、運転席のお父さんは、「まったく、 いつものろまだな。グズならグズなりに、なんで昨日のうちから準備しておかないんだ!」とつぶやくのでした――

モラルハラスメントモラハラ)は、こんな日常の何気ないやりとりのなかでも、しばしば見られるものです。身近な誰かの行動の中に非難できるポイントを見つけ、そこを陰湿に指摘するなどして、相手の価値を貶めるのが、加害者の常套手段です。加害者は、相手を見下すことで、優越感に浸ることができます。

こうしたモラハラは、家庭の中だけで起こるものではありません。友人、恋人関係でも起こりますし、職場のパワーを利用したいやがらせ(パワハラ)、異性に対する性的いやがらせ(セクハラ)も、モラハラの仲間です。つまり、どんな状況であれ、自分より立場の弱い人間に精神的な苦痛を与えて満足する行為は、すべてモラハラに関連するのです。

しかし、モラハラを受ける被害者は、なかなか加害者の支配から抜け出すことができないことが多いのです。それはどうしてでしょう?

更新日:2013年09月25日

(公開日:2004年04月15日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    115

    この記事を共有する