睡眠/気持ちよく起きる方法・自己覚醒法

起きたい時刻に目を覚ます!自己覚醒法

寝起きが悪い人に朗報です! 自分が起きたいときに目覚められる、簡単な方法があります。しかも、2人に1人が実行可能というデータも! 夢の起床術 「自己覚醒法」 について、詳しくご紹介します。

この記事の担当ガイド

日本を睡眠先進国にするため、正しい快眠習慣の普及に努める専門医

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自分で決めた時刻に自然と目覚められれば、その日はきっと良い1日になるはず! 多くの人が実行できる、とても簡単な快・目覚め法をご紹介します。

半数の人ができるワザ

爽やかな目覚め
自分の人生は、自分で決めよう
「明日の朝6時に起きよう」 などと、眠るときにあらかじめ起床したい時刻を決めておいて、目覚ましなどの外からの刺激を使わずその時刻に自分で目覚めることを 自己覚醒 self-awakening と言います。

実はこの自己覚醒、多くの人が実行可能なのです。海外の報告では、日常的に毎朝、自己覚醒している人は、21~81歳の約50%に上るとされています。

また、日本での調査によると、大学生で自己覚醒できる人は約10%しかいませんが、65歳以上の高齢者では約75%の人が自己覚醒できると答えています。長いあいだ、自己覚醒のトレーニングを積んでいくことで、習慣化していくのかもしれません。

また、若い世代には夜型人間が多く、朝は早く起きたいのだけれど、睡眠が足りていないため目覚められないことも関係しています。それが年を経るに従って、朝型の生活に移行してゆきます。さらに、心身が必要とする睡眠時間が少なくなることと相まって、高齢者では自己覚醒しやすいものと思われます。

誤差10分以内が 36%!

目覚めの準備
早朝は自己覚醒しやすく、夜中は自己覚醒しにくい傾向があります
自己覚醒の成功率は、どのくらいなのでしょうか。

自己覚醒できると答えた、男女7人で行った実験があります。午前0時に床に就いて、午前3時30分や5時30分に自己覚醒するように設定しました。覚醒予定時刻の、前後40分以内に目覚められれば成功とします。

結果は、7人で14回の実験夜のうち12回で自己覚醒し、成功率は 86%でした。覚醒した時刻の正確さは、予定時刻の前後10分以内が 36%、20分以内が 21%、30分以内が 7%、40分以内が 21%でした。

目を覚ます直前の睡眠の状態は、レム睡眠が 67%、ノンレム睡眠の段階2が 25%、段階4が 8%でした。レム睡眠は睡眠と覚醒の橋渡しの夢うつつ状態であり、ノンレム睡眠の段階2は比較的浅い睡眠、段階4は深い睡眠です。

このことから、浅い睡眠からは自己覚醒がしやすいけれども、深い睡眠からは自己覚醒しにくいことが分かります。つまり、自己覚醒するために、覚醒予定時刻へ向けて睡眠のリズムを調整している、というわけです。

更新日:2009年07月27日

(公開日:2009年03月19日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    14

    この記事を共有する