視力矯正・コンタクトレンズ・メガネ/コンタクトレンズの選び方・メリット・デメリット

最近多いコンタクトのトラブル

コンタクトレンズの利用者の増加に伴い、眼科医院では、コンタクトレンズ障害の患者の割合も増えているようです。使いはじめると、便利さに甘んじてしまいがちですが、「最近多いトラブルの例」をご紹介。

執筆者:高林 克枝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コンタクトレンズの利用者の増加に伴い、眼科医院では、コンタクトレンズ障害の患者の割合も増えているようです。使いはじめると、便利さに甘んじてしまいがちですが、注意したい「最近多いトラブルの例」をご紹介します。

使い捨てコンタクトレンズのトラブル

コンタクトレンズのトラブルが急増しています
コンタクトレンズのトラブルが急増しています
眼科救急外来で急増しているのが、使い捨てコンタクトレンズのトラブルによる患者だそうです。近年は通販などで手軽に買えて、手入れも簡単、装着感もよいため、基本的な用法、ケアを見逃しがちなようです。
  • コンタクトレンズの傷や痛みに気づかず、無理して使い続けて症状を悪化
  • 医師の処方を受けずにレンズを購入して、使用者に適応しなかったため
  • 使用期限を守らず、1日使い捨てレンズを再装用したため

使い捨てコンタクトレンズは、他の種類のレンズに比較して、耐久性がなく、薄く製造してある場合が多いため、何日もの装用に向きません。目に違和感を感じたら、すぐに眼科医に相談してください。


カラーコンタクトレンズをアクセサリー扱いしていませんか?

瞳にオシャレ感をプラスしてくれる、カラーコンタクト。でも、そのためのデメリットも知って、正しい取り扱いをしましょう。
  • カラーコンタクトの長時間の装用で、角膜が酸素不足になったため
  • 友人間で、カラーコンタクトレンズを貸し借りしたため

カラーコンタクトは、レンズに着色するため、酸素透過性が低くなる場合があります。そのようなケースは、装用は短時間にしたほうがよさそうです。そして、コンタクトレンズの貸し借りは、衛生的にも、安全面でも、厳禁です。


普通の水をお手入れに使ってませんか?

  • 水道水のみの洗浄をしたため
  • 保存液の調製に水道水や、飲用ミネラルウォーターを使用したため

水道水には、角膜に潰瘍をおこす「アカントアメーバ」が混ざっていることもあり、最悪の場合、角膜移植が必要になります。また、ソフトコンタクトの場合、水道水の塩素がレンズにとどまって、目を刺激します。


うっかり眠ったりしていませんか?

最近のレンズは、装着感がよいので、ついついそのまま眠ってしまう人がいます。角膜は呼吸しているため、コンタクトを入れたままの睡眠は、トラブルの元です。角膜が低酸素状態になると、角膜上皮に浮腫を生じ、さらに進展すると、角膜実質浮腫になり、角膜血管新生、角膜混濁を合併します。連続装用のレンズでも、できれば、はずしたほうがよいでしょう。


不注意な装脱着をしていませんか?

  • 外出先で、汚れた指先で、取り外したり、装着したりしたため
  • 長い爪で、コンタクトレンズに傷をつけてしまったため
  • コンタクトレンズを、唾液でなめて、また装着したため
外出先で、目に違和感を感じて取り出したいときのために、いつもケースや洗浄液を携帯しておくと安心です。なお、レンズをさわるときは、必ず手をよく洗いましょう。

このように、コンタクトレンズの手軽さやファッション性に甘んじて、トラブルを招く扱いが増えているようです。コンタクトレンズは簡単に取り替えられても、目はそうはいきません。重い眼科疾患になる前に、適切なケア、取り扱い、定期健診を心がけましょう。また、コンタクトレンズを過信せず、眼鏡と併用し、コンタクトレンズの必要がないときには、角膜の負担を軽くすることも大切です。

*All About健康関連リンク*
<コンタクトレンズ・トラブルケースファイル・シリーズ>
大丈夫?コンタクトのトラブルVol.1 角膜びらん [目の健康]
大丈夫?コンタクトのトラブルVol.2 角膜血管新生 [目の健康]
大丈夫?コンタクトのトラブルVol.3 巨大乳頭結膜炎 [目の健康]
大丈夫?コンタクトのトラブルVol.4 角膜潰瘍 [目の健康]
大丈夫?コンタクトのトラブルVol.5 マイボーム線梗塞 [目の健康]
大丈夫?コンタクトのトラブルVol.6 ウィルス性結膜炎 [目の健康]


【目の健康 オススメ人気記事】
 1位: 「乱視とは? 自分でできるセルフチェック」
 2位: 「まぶたのピクピクを治すには?」
 3位: 「オフィスで1分!癒しの無料動画」
 4位:「3分間ツボ刺激が疲れ目に効く!」
 5位:「 【目の美容】あなたの目のくまタイプは?」

更新日:2004年07月16日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する