暮らしの歳時記/正月の行事・楽しみ方(年末年始)

正月行事の由来と過ごし方

そもそも、お正月とは何でしょう?おなじみの正月行事や風習には、幸せを呼ぶストーリーがあります。由来を知るとお正月の過ごし方も変わりますよ。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お正月とは何でしょう?

「お正月にはどうして○○をするの?」
「……」
改めて問われるとわからないことばかり。
そもそも、お正月とは何でしょう?本来「正月」は1月の別称ですが、一般的には1月1日~1月3日の「三が日」や、1月1日~1月7日(地方によっては15日や20日まで)の「松の内」をさし、さらに1月15日(地方によっては20日)の「小正月」で一連の正月行事を終えます。

また、丁寧に“お”をつけて「お正月」というのも特別な気持ちの表れですし、1月を「睦月」と呼ぶのも、正月に一家揃って睦みあう様子を表したもの。多くの方がお正月を家族で過ごし、当たり前のようにおせちを食べたり、お年玉のやりとりをしたりしていますが、ひとつひとつの物事にも大切な意味が込められており、由来を知るとなるほどと思うはず。

まずは、意外と知らないお正月の由来からご紹介します。


お正月の由来

おなじみの物事に、年神様にまつわるお話があります。
昔から、元旦には「年神様(としがみさま)」という新年の神様が、1年の幸福をもたらすために各家庭に降臨するとされています。年神様は祖霊神であり、田の神、山の神でもあるため、子孫繁栄や五穀豊穣に深く関わり、人々に健康や幸福を授けるとされていて、「正月様」「歳徳神(としとくじん)」ともいいます。

その年神様を迎え入れてお祝いし、たくさんの幸せを授けてもらうために、様々な正月行事や風習が生まれました。

新しい年を“迎える”と表現したり、“一年の計は元旦にあり”といったりするのも、年神様を元旦にお迎えするからで、お正月の行事や風習には、年神様をめぐる一連のストーリーがあります。それはまるで、私たちが大事なお客様(例えば、神様とあがめたくなるほど尊敬する方)をおもてなししているようにも思えて、おもしろいですよ。

更新日:2013年12月26日

(公開日:2008年12月01日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    54

    この記事を共有する