初詣っていつ行くの?

門松などの松飾りを飾っておく期間だから「松の内」
お正月には初詣! 毎年必ず参拝する方、気が向いた時しか行かないという方、人それぞれではあるけれど、初詣って本当はいつ行くものなのでしょう?

初詣とは、その名の通り、新年になって初めて社寺にお参りすること。昔は元旦に参拝するものでしたが、現在は、松の内に行くのが目安です。

でも、この松の内がクセモノ。よく聞く言葉ですが、実はよくわかりませんよね……


なぜ「松の内」なのか?

門松や松飾りを飾っておく期間を松の内といいます。門松や松飾りは年神様がいらっしゃる目印ですから、松の内は年神様がいらっしゃる期間ということになります。

初詣は正月行事のひとつであり、これまでの感謝と新年の無事や平安を祈る行事なので、年神様がいらっしゃる期間にお参りするというわけです。年賀状のやりとりや新年の挨拶を交わすのも松の内まで、というのもそのためです。


「松の内」っていつ?

本来は1月15日(小正月)までが松の内でしたが、江戸時代に1月7日までとするようになり、現在も1月7日までというのが一般的です。

しかし、京都や大阪を中心とする関西地方では伝統を守っており、今でも15日までが松の内です(仕事上の都合や時代の流れで、便宜上7日までとする傾向もみられます)。


大晦日に行ってはいけないの?

これで、松の内に初詣に行くという意味がおわかりいただけたと思います。しかし、大晦日からお参りに出かける方もいます。あれは間違いなのでしょうか?

いえいえ、次のページでご説明しましょう。 >>>