暮らしのマナー/食事・テーブルマナー

お椀の扱い方

和食に関するマナーの中で、お椀の扱い方はよくご質問をいただきます。「蓋が取れない場合は?」「取った蓋はどこに置く?」「食べ終わった後はどう戻す?」…… etc.ここでは、お椀を持ち上げた際のお箸の扱い方もあわせて、様々な疑問を解決して参ります。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
和食に関するマナーの中で、お椀の扱い方はよくご質問をいただきます。「蓋が取れない場合は?」「取った蓋はどこに置く?」「食べ終わった後はどう戻す?」……。ここでは、お椀を持ち上げた際のお箸の扱い方もあわせて、様々な疑問を解決して参ります。


蓋の取り方と置き方

強く押しすぎないよう注意

強く押しすぎないよう注意

1:蓋付きのお椀で開けにくいこと、ありますね。そんな時は、お椀の縁を軽く握るように押してみましょう。意外と簡単に蓋が浮いて取りやすくなります。

 
逆さにした後、反対の手で一旦受けてから元の手で置きます

逆さにした後、反対の手で一旦受けてから元の手で置きます

2:右側に置かれている椀物の蓋は、逆さにして右側に置きます。また、左側に置かれているお料理の蓋は、左側に置きます。

 

椀物と箸の扱い方

お椀を持ち上げる

お椀を持ち上げる

1:両手でお椀を持ち上げます。

 

右手で箸を持ち上げる

右手で箸を持ち上げる

2:お椀を左手に持ったら、右手でお箸を持ち上げます。

 

薬指と小指の間だと挟みやすい

中指と薬指の間だと挟みやすい

3:お箸の先三分の一辺りを左手の指に挟み






 

右手を上から下側へすべらせる

右手を上から下側へすべらせる

4:そのまま右手をお箸の下側に滑らせ、頂きます。

 


蓋の戻し方

いただき終わったら、蓋は元のとおりに戻します。よく男性で逆さまにひっくり返して置く方を見かけますが、お椀が傷つくこともありますし、見た目も上品ではありません。また、「食べ終わったことがわかるように」蓋を少々ずらす…… という必要もなし。まっすぐお戻しください。


撮影協力:広尾亀よし

更新日:2010年01月18日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する