夏の水遊びを「怖い」から「楽しい」に変えるには?

水を怖がる我が子に、水遊びの楽しさを教えたい!

水を怖がる我が子に、水遊びの楽しさを教えたい!

夏は水遊びやプールが楽しい季節。「子供だから水遊びが大好きなはず」と思いがちですが、水を怖がる、水を嫌うお子さんもいます。実際、「どうしてうちの子は水遊びが嫌いなの?」と悩んでいる方もいるでしょう。

確かに、全般的には、子どもは水遊びが大好きです。しかし、ちょっとしたことから「水恐怖症」になってしまうこともあります。どうして「水恐怖症」になってしまうのか、どうしたら「水恐怖症」にならないのか、お話していきますね。

【目次】

子供が水嫌いになる理由

なぜ、水嫌いになる子供がいるのでしょうか。いくつか理由を挙げてみましょう。

●水に恐怖心を持たせてしまった
「お風呂ですべってドボンと入ってしまった」「ママ・パパの手からするりとお風呂やたらいに落ちて入ってしまった」……思い当たることはありませんか? 大人だったら「大したことないじゃない」と思うかもしれません。でも、子ども(赤ちゃん)にとってはトラウマになることもあります。

●水温の低いところに入れてしまった
「お風呂は大好きなのに、プールになったらダメだった」ということもあります。それは突然、体験したことのない水の温度にビックリしてしまったのです。ちょっとした変化でも、子供には衝撃になりえます。

●勢いよくお風呂やプールの中に入れてしまった
「水が大好きなはず!」と思って、いきなり水面にドボンと浸からせる……これはやめてくださいね。産後の沐浴指導で言われたかもしれませんが、足からゆっくりと水面につけて入れていく。これは、お風呂でもプールでも同じです。

子供を水恐怖症にさせないコツ

きょうだいやお友達と一緒に遊ばせてみてもいいかもしれません

きょうだいやお友達と一緒に遊ばせてみてもいいかもしれません

では、どうしたら「水への恐怖」を持たせないようにできるのでしょうか?

●水に一緒に入るときは、しっかりと支える
できるだけ「ドボン」とならないように、特にお子さんが小さいうちは親が気をつけてあげましょう。歩行がしっかりしてくると、親が支えてとはいかなくなります(勝手に遊ぶようになる)が、子どもから目を離さないようにしましょう。

●水温に気をつける
お風呂の温度は高すぎず、プールの温度は低すぎず。次に挙げるのは、私が実際に子どもたちを育ててきて「適温」と感じた温度です。
  • お風呂:約40℃
    季節によっても変わってきますが、通年で40℃前後がちょうどよいみたいです。
  • プール:25℃以上
    年齢が小さければ小さいほど、水温は高めからはじめましょう。特に一番はじめのプールは、お風呂より少しぬるめ程度に。そして、少しずつ遊びながら水を加えていき、水温が下がってきても慣れるようにします。これを何度か行うことで、水温が最初から25℃程度でも大丈夫になります。
みなさんもお子さんの様子をみながら、我が子の適温を調べてみてくださいね。

●水をかけて足から少しずつ入る
いきなり全身ではなく、足にゆっくり水をかけてから入れましょう。お風呂も同様です。みなさんも昔プールに入る前には、準備体操をして、体に水をかけて、足からゆっくり入りましたよね? それと一緒です。

歩行がしっかりしてきたお子さんなら、プールの前は一緒に体操を。お座りのできる赤ちゃんなら、手遊びなどで体を動かしてから、ゆっくり入るといいでしょう。

プールやお風呂に入ることを嫌がるお子さんなら、無理に入れず、まずはプールの周囲やお風呂の洗い場などで、洗面器などを使って遊ばせてあげましょう。まずは「水に慣れる」ことを目標にするのです。

子供の水嫌いを解消するには

しかし、どんなに注意をしていても、水が怖くなってしまうことはあります。もし、お子さんが水嫌いになったら、決して無理強いはしないようにしてくださいね。余計に水が嫌いになってしまいます。

「今まで好きだったじゃない!」と思われるかもしれませんが、一度いだいた恐怖の気持ちは、すぐには抜けません。ゆっくりと時間をかけて「水への恐怖心」を取り除いてあげましょう。

お風呂すら嫌がるときの克服方法

毎日のお風呂が苦痛となると、ママ・パパは大変です

毎日のお風呂が苦痛となると、ママ・パパは大変です

毎日の生活に密着している「お風呂」。ここでも、「昨日まで好きだったのに、今日から激しく泣いたり嫌がったりするようになった」ということがあります。

単に気分が乗らないケースもありますが、同じような状態が続くなら、無理にお風呂に入れなくてもよいのです。お風呂に入らなくても、命に関わるわけではないのですから。

優しく抱っこをしてあげて、まずは洗い場で洗面器や、お子さんの好きなおもちゃを使って遊びましょう。あくまでも、少しずつ水に触れさせることがポイントです。

水に触れることを嫌がらないようでしたら、今度は、肌を密着させて(抱っこをして)静かにお風呂の中に入ってみましょう。暴れるようでしたら、ギュッと抱きしめて「大丈夫。ママと一緒よ」などと優しく声をかけながら入るようにしましょう。入ってからも、決して肌の密着を離さないように。子どもが自分から、離れていくまで待つのです。

1日で、子どもが自分から離れていく……までができればラクですが、子供は思ったようにはいきません。
  • 1日目 洗面器で遊ぶ
  • 2日目 ママと一緒にお湯に入ってみる
  • 3日目 もしかしたらママから離れるかも?
このくらいの気持ちで、やってみてくださいね。

水嫌いを克服したら、思う存分プールや海を楽しもう

夏になると、プールだけでなく海にも行きたくなりますよね。海は、赤ちゃんにとっては見たことのない景色です。熱い砂・見たこともないような形で動く水(波)。興味もわきますが、「怖い」という気持ちが生まれる場合もあります。

初めてのときは、海に入れないかも、砂浜も歩けないかもという心づもりで連れて行ってくださいね。そして、可愛い我が子の肌を守るために、紫外線には十分に気をつけましょう。

【関連記事】