スーツ・ジャケット/着こなし・みだしなみ

ナポレオンが愛した香水、ランセ

メンズのフレグランスは数多くありますが、伝統と歴史のあるフレグランス・ハウスがつくる香水は限られます。今回は200年以上もの歴史があり、あのナポレオンにも献上されたランセという香水をご紹介します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、注目される老舗の香水

現在、フレグランスを愛用する男性は確実に増えつづけています。また、香りを身にまとうだけではなく、匂いにこだわりをもつ男性も多くなってきています。メンズの香水と言えば、海外の有名ファッション・ブランドのフレグランスやアラミスなど大手化粧品メーカーのものが主流でした。しかし、最近、そのようなビッグネームのフレグランスでは満足できない男性もたくさんいます。

そこで注目されているのが、歴史に裏付けられた老舗の香水ハウスがつくるフレグランス。今回は、昨年日本に上陸したイタリアのランセというフレグランスをご紹介しましょう。

200年以上の歴史を誇るランセ

現在、ミラノに本拠地を置くランセは、香水産業の発祥地であるフランスのグラースで200年以上前に創業しました。もともと香水メーカーではなく、皮手袋のメーカーでしたが、オーデコロンなどの香水を開発し、販売をはじめます。“なぜ皮手袋のメーカーが香水を”と思うかもしれませんが、それには理由がありました。もともとフランスのグラースには皮手袋工房が多く、グラース産の皮手袋の特徴は、皮にしみこませた香りだったのです。なめし皮のニオイを香水でマスキングするという手法で、グラースの皮手袋はパリの社交界のご用達アイテムでした。

このような背景から、皮手袋メーカーであったランセも、オーデコロン、フラワーウォーター、ルームコロンなど様々なフレグランス製品を開発し、高級香水ハウスとして地位を確立していきました。

1795年、香水産業の発祥地、南仏グラースで皮手袋製造業5代目のフランソワ・ランセによってはじめられたフレグランス・ハウス、ランセ。写真は、フランソワ・ランセがナポレオンに献上したフレグランス、“ル・ヴァンカー”。


次のページでは、ランセの長い歴史で有名な逸話をご紹介します。

【最新記事】
超簡単! 夏のストールの巻き方 その1
夏のストール選びのポイント
ポロシャツの選び方と着こなしのコツ

更新日:2008年07月23日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する