スーツ・ジャケット/スーツ・カジュアルビジネス

男は黙って、ツイードジャケット

テーラー・ケイドで、ツイード・ジャケットばかりオーダーしているお客さんがいる。なぜこれほどまでにツイードに惹かれるのか? 彼のこだわりを通して、ツイードの魅力に迫ってみた!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイードにとりつかれた男


ツイード・ジャケット
ここに写っているのはすべて杉綾さん(仮名)の私物。左がブルックス ブラザーズ、右がテーラー・ケイドで仕立てたオウンメイク。ヘリンボーン・ジャケットへのこだわりが感じられる。
世の中にはツイード素材が大好きという人間がいる。ミスター・ツイードこと、杉綾さん(仮名)もツイードに魅せられた一人で、渋谷に店舗を構えるテーラー・ケイドのお客さんでもある。

杉綾さんはガッチリとした体格の穏やかな紳士で、年齢はボク(40歳)とそんなに変わらない。これまでテーラー・ケイドで3着のツイード・ジャケットを誂えていて、現在4着目を製作中だ。

それ以前にもブルックス ブラザーズなどの老舗で、数着のツイードのジャケットを購入している。どうしてこれほどまでにツイード・ジャケットを求めてしまうのか? そのあたりをじっくり取材してきました。


グレー・ヘリンボーン・ジャケット
グレーのヘリンボーン・ジャケットのコーディネート。寒くなってくるとインナーに無地のニットを合わせることも。シャツがチェックの場合はうるさくなるので、無地のネクタイでバランスをとる。ジャケットは杉綾さんの私物。
「20年以上前に某店で、イージーオーダーで作ってもらったことがあって、それが最初に着たツイードのジャケットでした。ごく普通のグレーのヘリンボーンで、あの素材感に惹かれました」と杉綾さん。

しかしこのときのジャケットは身体に馴染まず、その後ブルックス ブラザーズでより本格的なハリス・ツイードのヘリンボーンを購入したそうだ。

「じつはこのブルックスのモデルもあまり作りが良くなくて、納得できませんでした。なかなか気に入ったものに巡り合えなかったのが、ツイード・ジャケットを買い続けた理由だと思います」

いちおうフォローしておくと、当時のブルックスは出来・不出来に波があったようだ。現在は大丈夫なようですが。


ライトブラウン・ヘリンボーン・ジャケット
テーラー・ケイドで仕立てたライトブラウンのヘリンボーン・ジャケット。同じ織りでも色が異なれば雰囲気も変わる。杉綾さんの私物。
結局、テーラー・ケイドで誂えて初めて満足のいくジャケットを手にできるのだが、たしかに既製服のなかからジャストフィットのお気に入りを見つけるのは難しい。

杉綾さんがアレコレ探していた時期は1990年代のこと。当時グレーのヘリンボーンのジャケットを作っているメーカーは非常に少なく、彼のようにガッチリした体型だとさらにサイズが少なかったはずだ。

こういう当たり前のジャケットが手に入らないというのもおかしなものだ。

ツイードのジャケットを作りたいならこちら。
テーラー・ケイド
東京都渋谷区渋谷3-28-15 第5野口ビル206号
TEL&FAX 03-5467-3088
http://www.tailorcaid.com/

※2010年9月に移転しました。新住所は最後のページにあります。

次のページは、「グレーのヘリンボーンを中心とした着こなし」です

更新日:2005年11月19日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    14

    この記事を共有する