定年・退職のお金/老後にもらえるお金

60歳以降にもらえる高年齢雇用継続給付とは

雇用保険の高年齢雇用継続給付とは、60歳以降も働き続ける場合、賃金が60歳時点の75%未満に下がると支給されるものです。ただ、受給すると在職老齢年金との併給調整が行われ、年金の一部が減額されます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

60歳以降も働く人のための「高年齢雇用継続給付」

「希望者は原則65歳まで雇用継続」という「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)の改正が、平成25年4月1日に施行されました。これは、老齢厚生年金の支給開始年齢が60歳から65歳まで段階的に引き上げられることによる「公的年金の空白の期間」に対応するものです。

60歳以降も働き続ける際の賃金は、60歳時賃金の30~70%程度に低下するケースが多く、雇用保険では低下した賃金の一部を補う「高年齢雇用継続給付」を行っています。

高年齢雇用継続給付の受給要件

退職前には雇用保険のことを少しでも調べておこう

退職前には雇用保険のことを少しでも調べておこう

高年齢雇用継続給付を受給するには、次の要件を満たす必要があります。
  • 雇用保険の被保険者期間が5年以上あること。基本手当等を受給したことがある場合は、基本手当の受け取り終了から5年以上経っていること
  • 60歳以上65歳未満で、なおかつ雇用保険の一般被保険者であること
  • 賃金が60歳時点の賃金の75%未満であること
  • 育児休業給付金や介護休業給付の支給対象となっていないこと。

高年齢雇用継続給付は2種類ある

高年齢雇用継続給付には、雇用保険の基本手当の受給状況によって次の2種類があります。

【1】高年齢雇用継続基本給付金
基本手当を受給しないで継続して働く人に支給

【2】高年齢再就職給付金
基本手当を一部受給した後再就職する人に支給

次のページで、「高年齢雇用継続基本給付金」と「高年齢再就職給付金」のそれぞれの中身を具体的にみてみましょう。

更新日:2014年04月02日

(公開日:2010年06月30日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    99

    この記事を共有する