スイーツ ガイド 平岩 理緒

ひらいわ りお

スイーツ情報サイト「幸せのケーキ共和国」を主宰するスイーツジャーナリスト。新聞、雑誌などでスイーツ情報を発信するほか、カルチャースクールや製菓系専門学校での講義、スイーツイベントのコーディネート、商品開発コンサルティング、コンテスト審査員など幅広く活動。1カ月に200種類以上のスイーツを食べ歩く。

得意分野

洋菓子、和菓子/お取り寄せ、手土産スイーツ/チョコレート/マーケティング/デパ地下、商業施設/地産地消、農産加工品/果実、フルーツ/レストラン、デザート/チーズ/世界史、日本史

ガイドからの挨拶

「どうしてスイーツの仕事をするようになったの?」
と、色々な方から尋ねられます。

私は、学生時代には歴史を専攻し、高校の教員になりたいと思っていました。
けれど、たまたまアルバイトでパンの販売経験をした際、接客の仕事の楽しさ、やりがいを感じ、販売やサービスの仕事に興味を持ち、結果的にはマーケティングの仕事に就くことになりました。
そこで、大手メーカーの商品開発やプロモーション、店頭販促などの現場を知り、サポートをさせていただく中で、「人と人とをつなぐ仕事」の楽しさにふれました。

そんな中、2001年に、自分の好きなことを介してコミュニケーションの場を作りたいと始めたサイトが「幸せのケーキ共和国」です。
その場を通じて様々な人脈も広がり、2002年の『TVチャンピオン』番組出演が大きなきっかけとなり、「スイーツ」を中心とする食の情報を発信する機会を多々いただいてきました。

子供時代を振り返ると、母親は栄養士で、以前には大学の家政学部で教鞭を執っており、自然と「食」への深い関心と敬意をもって育ちました。

関心を持ったことはとことん調べ、自分自身で実際に確かめなくては気が済まない性格の結果、気付けば現在は「スイーツジャーナリスト」として、邁進する日々です。

フットワークの軽さに定評があり、スイーツや素材を追いかけて、日々、国内外を訪ね廻っています。
スイーツを通じて、作り手と食べ手との交流をはじめ、人と人の縁を結ぶお手伝いをしたいと思っています。

メディア掲載実績

雑誌Saita
カラダにおいしいカジュアルギフト
2017年11月07日
雑誌HERS
手土産はフルーツなスイーツ さくらんぼ
2017年05月12日
雑誌女性自身
プレゼント4マザー 今どきマニュアル 母親が喜ぶギフトってな~に?
2017年05月09日
雑誌CREA
18 東京× フルーツサンド&パフェ
2017年05月06日
雑誌女性セブン
大人のチョコレート講座
2017年02月02日

ガイドの著書

ガイドの新着記事

  • 本格フランス菓子店「ポール・サンセール」田町にOPEN

    本格フランス菓子店「ポール・サンセール」田町にOPEN

    2017年11月6日、JR田町駅から徒歩5分程の場所に、フランス菓子店「ポール・サンセール」がオープン。お菓子を手掛ける細越誠氏は、高幡不動の名店「パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ」藤生義治氏に師事し、渡仏してプロヴァンスやブルターニュ地方で修業。帰国後、中国飯店「倶楽湾(くらわん)」のシェフパティシエとして提供するデザートが評判となり、今回の開店に至りました。修業店のDNAを感じさせる品揃えが魅力!

    掲載日:2017年11月08日スイーツ・デザート
  • 川口「シャンドワゾー」のアイス&チョコ専門店がOPEN

    川口「シャンドワゾー」のアイス&チョコ専門店がOPEN

    2017年9月16日、『マツコの知らない世界』埼玉スイーツ編でも紹介した川口の「シャンドワゾー」が、アイスクリーム&チョコレート専門店「シャンドワゾー グラシエ ショコラティエ」をオープン!10数種のアイス&シャーベットは、ぜひ手焼きコーンと召し上がれ。宝石のようなボンボンショコラに加え、ヨーロッパ風の量り売りショコラも登場。イートイン席に持込できる、徒歩1分程の場所にあるパティスリーの人気ケーキもご紹介。

    掲載日:2017年09月23日スイーツ・デザート

ガイドの新着まとめ

  • もう食べた?2017年の和栗モンブランおすすめ5選

    もう食べた?2017年の和栗モンブランおすすめ5選

    近年、秋冬限定で登場する、その年に採れた栗を使った「和栗モンブラン」が人気です。今年は食べそびれているという方も、今からでも駆け込みで間に合います。2017年、まだいただくことのできる注目・人気の和栗モンブランで、一年の締めくくりを!
    掲載日:2017年10月30日
  • 差のつく手土産!パティシエ考案のレーズンサンド、おすすめ7選

    差のつく手土産!パティシエ考案のレーズンサンド、おすすめ7選

    年代性別を問わず幅広く愛される「レーズンサンド」。昔から「小川軒」の「レイズン・ウィッチ」や「六花亭」の「マルセイバターサンド」など手土産の定番ですが、実はまだまだ隠れた名品が。日本各地のレーズンサンドから、贈り物にぴったりの品をご紹介!お取り寄せもできますよ。
    掲載日:2017年03月10日