平 格彦

メンズファッション ガイド 平 格彦

たいら まさひこ

理論的な分析が得意なファッションライター・編集者(メンサ会員)

編集者、ライター、コラムニスト、着こなしコンセプター。出版社を経て独立し、関わってきたメディアは60以上。20年以上ファッションに関わってきた知見をベースにしつつ、その人らしい着こなしを確立する方法を科学的、多角的に分析して〈着こなし工学〉として体系化している。また、野菜ソムリエ、メンサ会員。

ガイドからの挨拶

誰にでも似合う服やテイストなんて、あるんでしょうか?
誰かの意見をそのまま受けて入れて服を選ぶのがオシャレなんでしょうか??

オシャレに “絶対的な正解” はありません。
必要なのは、個性を投影した “コンセプト” です。

そんな哲学をベースにしながら、“自分らしいスタイルの確立” をサポートするために〈着こなし工学〉として体系化も進めています。

経歴・バックグラウンド


大学でマーケティングを専攻し、卒業後は日之出出版へ入社。広告部や『FINEBOYS』編集部を経て独立した。
雑誌『Men’s JOKER』は創刊からほぼ毎号でライターとして関わり、雑誌『RUDO』とウェブメディア『TASCLAP』では立ち上げから参画して継続的に執筆などを行っている。
また、ウェブメディア『SNEAKER HEROES』では、エディトリアルプロデューサーとしてローンチに尽力した。(※ 約6ヶ月で円満に離脱。)

その一方、編集者として企画・制作を行ってきた経験や、メディア作りで培った知識などを他の領域にも応用している。
tee inc.の取締役として、ご遺体ホテル「そうそう」のコンセプト作り、ネーミング、インテリア&リノベーションなどの監修をを担当。国内の新聞、雑誌、テレビはもちろん、ロイター通信やニューヨークタイムスにも取り上げられている。
また、クック諸島のプロモーションに協力。伊勢市 情報発信センター 公式インスタグラムのアカウント運営を期間限定で担当したことも。

さらに最近は、エディター&ライターとしての経験、コンセプター&プランナーとしての経験を融合して〈着こなし工学〉として体系化。メンズファッションに関わってきた20年以上の知見、メンズファッションに関する35以上のメディアに関わってきた経験をベースにしつつ、心理学や脳科学といった他分野の理論なども導入て、その人らしいコーディネートの方法などを多角的に分析してしている。
 

資格

・JAPAN MENSA (ジャパンメンサ) 会員
・野菜ソムリエ

経営・所属している企業・団体・協会


 

ホームページ・運営サイト