和田 隆昌

防災 ガイド 和田 隆昌

わだ たかまさ

災害危機管理アドバイザー。感染症で生死をさまよった経験から「防災士」資格を取り、災害や危機管理問題に積極的に取り込んでいます。専門誌編集長を歴任。長年のアウトドア活動から、サバイバル術も得意。主な著書に『大地震 死ぬ場所・生きる場所』(ゴマブックス)があり、講演会ほかTVなどマスコミ出演多数。

ガイドからの挨拶

日本列島は世界でも有数の「災害大国」であることはご存知の通りです。巨大地震の脅威は常に存在し、「南海トラフ地震」「首都直下地震」はすでにカウントダウンの音が聞こえてきています。近年では日本列島の亜熱帯化の影響で「大型台風」「豪雨被害」「土砂災害」も頻発し、日本固有の豊かな自然は時に牙をむいてきます。今や「地震は来るもの」「災害は必ず起きる」ことを前提に準備していなくては、この「災害大国」日本では生き残っていけないのも事実です。

そうは言っても頭ごなしに「防災を常に心がけよ」「危機は迫っている」などと言っても、人はその瞬間は危機意識を持ったとしても、持続性はなく、身に着くことはありません。東日本大震災から3年を経過した今、より身近な「自然との共存」を考える時期に来たと思います。「非常時の備え」ではなく「常時役に立つ」知識と技術こそがこの先必要になってくるのではないでしょうか。

経歴・バックグラウンド

海・山のアウトドア雑誌の編集者を歴任。「防災士」資格取得から災害危機管理アドバイザーとしての活動を開始。主な著書に「地震・津波の新常識」ブティック社、「大地震発生!!」KKベストセラーズ、白夜書房『大地震から家族を救う方法』、iPhone、iPad用電子書籍「地震が起きる前に読む本」サンマーク出版。他にも、防災記事構成・執筆、講演会など幅広く活躍中。

<2013年から2014年活動実績>
■テレビ

・NHK教育テレビ「げんばるマン」
・日本テレビ「ズームインSUPER」「ZIP」
・TBS「教科書にのせたい」「ひるおび」
・フジテレビ「奇跡体験アンビリバボー」「めざまし土曜日」
・TV朝日「ワイドスクランブル」「スーパーJチャンネル」
・BS11「本格報道」震災特番
■雑誌
「週刊朝日」「週刊現代」「週間文春」「週刊ポスト」「女性自身」
「anan」「クロワッサン」「TRENDY」「GOODS PRESS」
「PRESIDENT」「DIME」他
■講演・その他
全国自治体・社会福祉協議会・全国青年会議所・全国宅建協会など多数
・地中送電技術研究会主催安全大会
・日本郵政労組関東地方本部震災復興応援企画
・埼玉県西部地区水道研究会
・北海道・オホーツク町にて防災講演
・鹿児島県・志布志市・喜界島にて防災講演
・福島県・郡山市にて防災講演
・福井県・敦賀市にて防災講演
・愛知県・西尾市にて防災講演
・静岡県・焼津市にて防災講演
・兵庫県・神戸市にて防災講演
・東海大学・成城大学にて防災講演
・宮城県気仙沼松岩寺「鎮魂の集い」にて講演
・NTTドコモ福島発行小冊子「あんしんノート」作成・監修
・2011Yahoo! 防災特集「地震に備える」コンテンツ作成・監修
・KDDI(AU)、ENEOS、日本損害保険広告出演
・有限会社ブロードキャスト代表
NPO法人防災・防犯ネットワーク防災担当理事
災害危機管理アドバイザー和田隆昌ブログ

All About:ガイドの原点】
 

経営・所属している企業・団体・協会

トレンドリスク総合研究所代表
NPO法人防災・防犯ネットワーク防災担当理事
有限会社ブロードキャスト代表
株式会社西原研究所 安全環境設計 担当顧問
防災士・災害危機管理アドバイザー
2014名古屋市青年会議所防災アドバイザー

ホームページ・運営サイト

趣味・特技

登山・トレイルラン・オーシャンスイム・サーフィン・スキーなどのアクションスポーツ全般