防災 ガイド 和田 隆昌

わだ たかまさ

災害危機管理アドバイザー。感染症で生死をさまよった経験から「防災士」資格を取り、災害や危機管理問題に積極的に取り込んでいます。専門誌編集長を歴任。長年のアウトドア活動から、サバイバル術も得意。主な著書に『大地震 死ぬ場所・生きる場所』(ゴマブックス)があり、講演会ほかTVなどマスコミ出演多数。

得意分野

災害対策全般。民間・個人における地震・台風・津波・集中豪雨・土砂災害への対策、被災リスクを下げるための地域コミュニティ・SNSの災害時利用法、アウトドアでのサバイバル方法、防災フィールドワーク検定など。

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数184
メディア掲載実績56
執筆書籍数5

ガイドからの挨拶

日本列島は世界でも有数の「災害大国」であることはご存知の通りです。巨大地震の脅威は常に存在し、「南海トラフ地震」「首都直下地震」はすでにカウントダウンの音が聞こえてきています。近年では日本列島の亜熱帯化の影響で「大型台風」「豪雨被害」「土砂災害」も頻発し、日本固有の豊かな自然は時に牙をむいてきます。今や「地震は来るもの」「災害は必ず起きる」ことを前提に準備していなくては、この「災害大国」日本では生き残っていけないのも事実です。

そうは言っても頭ごなしに「防災を常に心がけよ」「危機は迫っている」などと言っても、人はその瞬間は危機意識を持ったとしても、持続性はなく、身に着くことはありません。東日本大震災から3年を経過した今、より身近な「自然との共存」を考える時期に来たと思います。「非常時の備え」ではなく「常時役に立つ」知識と技術こそがこの先必要になってくるのではないでしょうか。

メディア掲載実績

雑誌MONOQLO
付録 今こ再点検! 本当に必要な 防災グッズ 完全ガイド
2018年07月19日
テレビ【テレビ東京 】TheGirlsLive
トークテーマ「防災」・2
2018年03月19日
雑誌サンデー毎日
“その日”への備えは万全か? 防災グッズ 最新事情
2018年01月23日
雑誌CHANTO
付録 ワーママ目線で考える 防災ハンドブック
2017年09月07日
雑誌SPA!
早死にする人の意外な特徴
2016年11月01日

ガイドの著書

ガイドの新着記事

  • 防災グッズは何を用意したらいいのか?全リスト

    防災グッズは何を用意したらいいのか?全リスト

    あなたの家庭では防災グッズ・防災用品・防災バッグ・非常袋などを用意していますか? まず必要なものは水や食料3日分だといいますが、具体的にどのくらい備えておく必要があるか、ご存知ですか? 地震などの災害でライフラインが一定期間止まった場合、自宅を離れて避難所生活が始まった場合の必需品やおすすめグッズをリストアップします。

    掲載日:2018年09月06日防災
  • 大地震を電車内で感じたら?正しい対応とは

    大地震を電車内で感じたら?正しい対応とは

    もし電車の中にいるときに大地震が起きたら、どう対応すればいいのでしょうか。電車内の危険な場所や、電車内で生存可能性を高めるためにすべきことを解説します。

    掲載日:2018年06月20日防災