防災 ガイド 和田 隆昌

わだ たかまさ

災害危機管理アドバイザー。感染症で生死をさまよった経験から「防災士」資格を取り、自治体や企業の災害対策コンテンツを作成。専門誌編集長を歴任。アウトドア、サバイバル術も得意。2020年6月9日発売中後年のための『読む防災』(ワニブックス)他、講演会、各種セミナー(リモート可)TVなどマスコミ出演多数。

得意分野

災害対策全般。民間・個人における地震・台風・津波・集中豪雨・土砂災害への対策、被災リスクを下げるための地域コミュニティ・SNSの災害時利用法、アウトドアでのサバイバル方法、防災フィールドワーク検定など。

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数150
メディア掲載実績71
執筆書籍数6

ガイドからの挨拶

日本列島は世界でも有数の「災害大国」であることはご存知の通りです。巨大地震の脅威は常に存在し、「南海トラフ地震」「首都直下地震」はすでにカウントダウンの音が聞こえてきています。近年では日本列島の亜熱帯化の影響で「大型台風」「豪雨被害」「土砂災害」も頻発し、日本固有の豊かな自然は時に牙をむいてきます。今や「地震は来るもの」「災害は必ず起きる」ことを前提に準備していなくては、この「災害大国」日本では生き残っていけないのも事実です。

そうは言っても頭ごなしに「防災を常に心がけよ」「危機は迫っている」などと言っても、人はその瞬間は危機意識を持ったとしても、持続性はなく、身に着くことはありません。東日本大震災から3年を経過した今、より身近な「自然との共存」を考える時期に来たと思います。「非常時の備え」ではなく「常時役に立つ」知識と技術こそがこの先必要になってくるのではないでしょうか。

メディア掲載実績

雑誌週刊現代
富士山大噴火
2024年01月22日
テレビ【日本テレビ】バゲット
<東日本大震災からまもなく12年>プロがオススメ!「本当に使える防災グッズ」5選
2023年03月09日
新聞リビング北九州
令和の防災対策
2023年02月25日
新聞東京リビング
令和の防災対策
2022年08月26日
雑誌pumpkin
生活の知恵としての防災
2022年08月20日

ガイドの新着記事