防災 ガイド 和田 隆昌

わだ たかまさ

災害危機管理アドバイザー。感染症で生死をさまよった経験から「防災士」資格を取り、災害や危機管理問題に積極的に取り込んでいます。専門誌編集長を歴任。長年のアウトドア活動から、サバイバル術も得意。主な著書に『大地震 死ぬ場所・生きる場所』(ゴマブックス)があり、講演会ほかTVなどマスコミ出演多数。

得意分野

災害対策全般。民間・個人における地震・台風・津波・集中豪雨・土砂災害への対策、被災リスクを下げるための地域コミュニティ・SNSの災害時利用法、アウトドアでのサバイバル方法、防災フィールドワーク検定など。

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数184
メディア掲載実績55
執筆書籍数5

ガイドからの挨拶

日本列島は世界でも有数の「災害大国」であることはご存知の通りです。巨大地震の脅威は常に存在し、「南海トラフ地震」「首都直下地震」はすでにカウントダウンの音が聞こえてきています。近年では日本列島の亜熱帯化の影響で「大型台風」「豪雨被害」「土砂災害」も頻発し、日本固有の豊かな自然は時に牙をむいてきます。今や「地震は来るもの」「災害は必ず起きる」ことを前提に準備していなくては、この「災害大国」日本では生き残っていけないのも事実です。

そうは言っても頭ごなしに「防災を常に心がけよ」「危機は迫っている」などと言っても、人はその瞬間は危機意識を持ったとしても、持続性はなく、身に着くことはありません。東日本大震災から3年を経過した今、より身近な「自然との共存」を考える時期に来たと思います。「非常時の備え」ではなく「常時役に立つ」知識と技術こそがこの先必要になってくるのではないでしょうか。

メディア掲載実績

テレビ【テレビ東京 】TheGirlsLive
トークテーマ「防災」・2
2018年03月19日
雑誌サンデー毎日
“その日”への備えは万全か? 防災グッズ 最新事情
2018年01月23日
雑誌CHANTO
付録 ワーママ目線で考える 防災ハンドブック
2017年09月07日
雑誌SPA!
早死にする人の意外な特徴
2016年11月01日
雑誌ESSE
いざというときに役立つ! 日用品の代用アイデア18
2016年09月07日

ガイドの著書

ガイドの新着記事

  • 誤報続きの緊急地震速報、鳴ったら結局どうすべき?

    誤報続きの緊急地震速報、鳴ったら結局どうすべき?

    2018年1月5日昼、気象庁より関東地方に緊急地震速報が発表され、警報音が鳴り響きました。しかし、ほどなくして「誤報」が確定。このように、誤報が相次ぐ緊急地震速報ですが、そもそもどんな観測システムなのか、なぜ誤報が起きるのか、原因・理由・仕組みを確認しましょう。またそこを踏まえて、緊急地震速報が鳴ったときの具体的な対処法や、逆に地震があったときに鳴らない場合がある理由もご説明します。

    掲載日:2018年06月20日防災
  • 場所別・地震対処法!住宅街・商店街・河川付近など

    場所別・地震対処法!住宅街・商店街・河川付近など

    日本列島は、すでに数十年前から「地震多発時代」に入っています。現在、発生の懸念されている首都直下地震、南海トラフ地震はいうまでもなく、日本に住む以上、どこにいても地震の被害をまぬがれる場所はありません。地震発生時の人的被害の大多数は、発生直後の数分で生死の分かれ目がやってきます。今回は住宅街や商店街、河川付近などで地震が発生した場合、何が起き、直後にどう対処すればいいかについてお伝えします。

    掲載日:2018年03月12日防災