大森 広司

マンション入門 ガイド 大森 広司

おおもり ひろし

ベテラン住宅ライターが、マンション選びからお金の話まで分かりやすく解説。

ガイドからの挨拶

ここ数年続いたマンションブームが転機を迎えています。首都圏の湾岸部を中心としたタワーマンションの大量供給や、リストラで売りに出された工場跡地などを開発した大規模マンションの計画も縮小しつつあります。一方でローン金利が低水準を維持し、大型の住宅減税も享受できる環境に変わりはないので、マンション購入のチャンスは続いていると言えるでしょう。

とはいえ、買える物件は新築マンションだけではありません。低価格の中古マンションを買ってリフォームすれば、オリジナルな自分だけの住まいが実現できます。マンションを買った後には建物の管理の問題や、いずれ老朽化による建て替え問題に直面するでしょう。

このサイトでは新築マンションの物件情報だけでなく、マンション居住をめぐるさまざまな問題にもスポットを当て、これからマンションを買う人が知っておきたい情報をお届けしていきたいと思います。しばしお付き合いいただければ幸いです。

経歴・バックグラウンド

住まい研究塾主宰。 現在、『SUUMO新築マンション』『SUUMOマガジン』「日経トレンディネット」「SUUMOジャーナル」『Goodリフォーム』『注文住宅』などで、住宅問題全般 にわたって取材・執筆活動を続けている。 住宅に関するブログ『ジュウタクトリセツ』も開設している。 主な著書に『はじめてのマイホーム 買うときマニュアル』、『マンション購入 完全チェックリスト』(共に日本実業出版社)、『新築マンション 買うなら今だ!』(すばる舎)などがある。

経営・所属している企業・団体・協会

住宅ライター。住宅系シンクタンク「オイコス」代表