ストレスマネジメント ガイド 蝦名 玲子

えびな りょうこ

「健康をつくる」という視点から、ストレス研究を解説する保健学博士

保健学博士。
ミシガン州立大学大学院にて修士号(コミュニケーション学)、東京大学大学院にて博士号(保健学)を取得。複数の国公立の医学系研究所で勤務後、現職に。全国の官公庁や企業、大学等で「折れない心をつくる方法やコミュニケーション」の講演やコンサルティングを行う。日本健康教育学会代議員等を兼任。

得意分野

・レジリエンス、SOC (Sense of Coherence)
・ヘルスコミュニケーション
・健康な職場づくり
 - セルフケア
 - ラインケア
 - 職場環境改善

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数22
執筆書籍数9

ガイドからの挨拶

こんにちは。保健学博士の蝦名玲子です。

ストレスやメンタル対策には、「医学的アプローチ」と「保健的(健康生成的)アプローチ」があります。

「医学的アプローチ」は「うつ病や発達障害といった心の病気に目を向け、そうした病気をいかに予防し、治療するか」を検討する対処的なものであり、一方の「保健的(健康生成的)アプローチ」は「困難な状況に置かれてもどうすれば元気でいられるのか」と健康に着目し、健康を保ち高める方法を探求します。

私は、後者の「保健・健康」の視点からの研究・教育支援活動を、16年以上行ってきました。

生きていれば、つらいことは必ずあります。時には病気になることもあるでしょう。

それでも、そうした逆境を乗り越え、苦悩を成長につなげるためには、どうすればいいのでしょうか?

そのヒントとなる「ストレスマネジメント」を中心とした、「コミュニケーション」「職場づくり」について、解説したいと思います。

ガイドの新着記事