田中 謙次

宅建試験 ガイド 田中 謙次

たなか けんじ

宅建試験を知りつくす不動産取引法務の専門家

株式会社Kenビジネススクール代表取締役社長
2004年に設立した同社は登録講習、登録実務講習の実施機関として、国土交通大臣の登録を受けている。
パーフェクト賃貸不動産経営管理士、うかるぞ宅建士シリーズ、サクッとうかる宅建士シリーズ他多数の書籍を執筆。
企業研修の講師としても幅広く活躍している。

ガイド記事一覧

  • 宅建に合格できない理由・暗記と理解の履き違い

    宅建に合格できない理由・暗記と理解の履き違い

    法律学習の特徴は、暗記だけでなくその制度趣旨を理解することがとても重要です。制度趣旨を理解することで、暗記しなければならないものは半分以下に減ります。勉強のやりかたを間違えると、丸暗記が強いられることになり、合格できない要因となります。

    掲載日:2014年04月21日宅地建物取引士(宅建)試験
  • 宅建に合格できない理由・学習で重要な3つの“意識”

    宅建に合格できない理由・学習で重要な3つの“意識”

    宅建試験に合格するための学習、特に法律学習において、はじめに大きな壁として目の前に立ちはだかるのは「法律用語」です。これを正確に覚えるところから学習がはじまるといっても過言ではありません。つぎに、全体像を意識することも大切です。最後に計算問題・数字暗記問題の学習方法についても知っておきましょう。

    掲載日:2014年04月21日宅地建物取引士(宅建)試験
  • 宅建試験の学習意欲を高める方法と学習時間の作り方

    宅建試験の学習意欲を高める方法と学習時間の作り方

    勉強自体が苦手な方にとっては、テキストを開くことだけでも面倒な作業だったりします。そのような場合は、合格後の自分を具体的にイメージすることと、実務に結び付けて仕事を覚える感覚で勉強するとよいでしょう。また、勉強はしているがその時間が足りない場合も合格できません。そのような場合は、すき間時間を活用して勉強するか、短期集中講座を積極的に活用するとよいでしょう。

    掲載日:2014年02月04日宅地建物取引士(宅建)試験