有田 英樹

将棋 ガイド 有田 英樹

ありた ひでき

「だから将棋を子ども達へ」将棋普及のクリエイター

大分県子ども将棋ネット代表。大分県別府市にて将棋教室「将星会」を設立し、子供たちへの将棋の普及にも努めている。

ガイドからの挨拶

日本の伝統文化である将棋。8種類の駒が、個性豊かに81マスの盤上を動き回ります。相手の手を読み、自分の手を考え、さらに相手の手を予測する。1局の指し手は、およそ「10の220乗」通りだと言われています。驚くなかれ、この数、宇宙に存在する全ての分子の数より多いと推測される数なんですね。広くて深い将棋の世界……。

わずか40cmたらずの盤面を挟んで相手と対面する将棋は、とても貴重な体験となります。一方で、ネットによる対局は、居ながらにして世界の人々との交流できるという新しい将棋の可能性を感じさせてくれます。プロ棋士を破る将棋ソフトも現れました。現代将棋は「対面将棋」、「ネット将棋」、そして「ソフト将棋」の3スタイルで楽しめます。

実は、知育にも将棋は効果的なんですよ。知的な側面だけでなく、精神的な成長にも寄与してくれますからね。そんなこんな盛りだくさんの将棋の魅力をみなさんにお伝えできたら幸せです。

経歴・バックグラウンド

1.将棋普及活動における資格ならびに役職
大分県子ども将棋ネット(別府市認定 社会教育関係団体)の代表
・(元)大分合同新聞将棋観戦記執筆者
・(元)日本将棋連盟公認将棋コーチ
・(元)日本将棋連盟「リンク将星会支部」支部長
・(元)少年院篤志面接委員
・(元)大分県小学校教諭
2.普及活動の紹介
・子ども棋戦を開催しています。
・ブログを通じ、子ども達へ県内外の将棋大会を紹介したり、その結果を記録しています。
・県小学生王将戦や豆棋士将棋大会などの審判長をしています。
・「大分県子ども将棋ネットニュース」を毎週発行し、保護者との交流に努めています。
・東九州龍谷高校将棋教室将棋大会・講師をしました。

3.教育活動の紹介
・将棋教室「将星会」を設立し、子ども達への指導しています。
・別府市立青山中学校の将棋講座の講師をしました。
・大分大学公開講座「将棋教室」の講師をしました。
・少年院の子ども達と将棋対局をしています。

資格

小学校教員免許
中学校教員免許
高等学校(理)教員免許
大分県子ども将棋ネット認定・将棋講師

経営・所属している企業・団体・協会

大分県子ども将棋ネット(別府市認定社会教育関係団体)の代表
・子ども将棋教室「将星会」代表

ホームページ・運営サイト

趣味・特技

日曜大工

好きなことば・座右の銘

前進できぬ駒はない