月々1000円からはじめられる

 
ここでは、手軽にはじめられる純金積立の詳細について、紹介していきましょう。

 純金積立とは、毎月一定額で純金を購入し、積み立てていく投資商品です。積立金額は最低でも月々1000円程度からはじめられるほか、3000円や5000円と、1000円単位で設定できることから、ムリのない金額で始められるのが魅力です。毎月の積立額を決めて取り扱い会社に申し込むだけではじめられるので、手間も少なくて済み、純金投資初心者の入門にはぴったりといえそうです。
 

リスクを軽減するドルコスト平均法

 
 純金積立は、投資リスクを軽減する仕組みを採用している点にも注目です。毎月純金を積み立てるといっても、純金を購入するのは月1回ではありません。相場は日々連動しているため、ある一定日に購入してしまうと価格変動によるリスクを避けられないからです。

 そこで取り扱い会社が採用しているのがドルコスト平均法です。ドルコスト平均法とは、積立金を営業日数分で日割りし、毎日一定「額」だけ購入する仕組みのこと。つまり、金価格が高い日には、少量、安い日はより多く金を購入していることになります。これにより、毎日一定「量」を購入するよりも1gあたりの購入単価が割安になり、より効率よく投資運用できるのです。

慣れてきたらスポット購入も


 純金積立は、月々一定金額を運用するのが基本ですが、オプションとして、ボーナス時に積立金額を上乗せすることも可能です。また、金相場の動きが分かってきたら、買い増し(スポット購入)をするのもいいでしょう。

 スポット購入とは、毎月の積立とは別に、買い増すシステムのことです。余裕資金ができたときや金相場が下がった局面で利用するとより効果的。純金投資のおもしろさが分かってくるはずです。スポット購入は、最近ではオンライントレードが出来ることも多く、24時間取引ができるところも増えています。

【嘉屋 恭子】

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。