ペイオフと定期預金

「ペイオフ」とは、「預金保険制度」のことをさし、金融機関が破綻した場合などに備えて、預金者の保護を目的として設立された制度です。

ペイオフの対象となる金融機関は、日本国内に本店のある銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫などで、これらの金融機関は法律で「預金保険機構」への加入が義務付けられています。実際の店舗を持たないネット銀行も、日本国内に本店がある場合は同様にペイオフの対象となっているので安心です。また、ゆうちょ銀行も同様です。

ペイオフで保護されるのは、利息のつかない「当座預金」などの「決済用預金」については全額です。利息のつく「普通預金」や「定期預金」などは、一つの金融機関について、預金者一人当たり1000万円までの元本とその利息です。それ以外は、破たんした金融機関の財産状況によって、カットされてしまう可能性があり、これを預金のペイオフと呼びます。

ペイオフで保護されないお金

例えば、一つの金融機関に、普通預金が600万円、定期預金が700万円、合計1300万円を預け入れをしていたとします。その金融機関が破綻した場合、まず普通預金から優先され、普通預金の600万円とその利息、さらに定期預金の400万円(普通預金の600万円とあわせて1000万円になるため)とその利息が保護されます。ただし、定期預金の700万円から保護された400万円を引いた残りの「300万円」とその利息は、財産状況によってカットされてしまう可能性があります。

万が一のときのためにも、一つの金融機関に、元本が1000万円超えないよう、注意しておきましょう。

【西山 美紀】


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。