資産運用/資産運用をするときの鉄則

年金資産はポートフォリオ運用のお手本!

家計ポートフォリオとして金融資産の構成比率を考えましょう。年金資産ポートフォリオは良いお手本。複数の資産に分散して運用する場合、期待収益率の計算は簡単ですが、リスクを表す標準偏差の計算は難題です。

執筆者:橋爪 修司

  • Comment Page Icon

●年金資産はどう運用されているか

年金資金運用基金の基本ポートフォリオを見てみましょう。同様のものには厚生年金基金連合会や簡保資金の運用ポートフォリオもあります。

40兆円を超える巨大資金ですが、そのポートフォリオの構成比率を再確認しておきましょう。





資産分類に注目してください。短期資産、債券(国内・外国)、株式(国内・外国)の5大分類となっております。
そして、各資産の期待収益率(リターン)は次のように想定されています。





ポートフォリオの期待収益率は比較的簡単に計算できます。上表のように、各資産の期待収益率に構成比率を乗じて、その答えを単純に合計したものとなります。

●リスクの計算は正直手に負えない

各資産ごとのリスクは標準偏差で表されています。分散投資の効果として複数の資産を組み合わせると、ポートフォリオのリスクは一般に減少します。その減少割合を相関係数というものを使って算出します。相関係数は2資産間の値動きがどう関係しているかを表します。+1~?1の間の値をとり、+1に近いほど同方向に動き、?1に近いほど正反対の方向に動き、0に近いところでは値動きに関連性はないことを意味しています。





ところが、資産分類が5つもあると各資産の標準偏差と相関係数がわかっていても、ポートフォリオとしての標準偏差は簡単には算出できません。ここでは、算出された結果を基にイメージしておくにとどめます。正直に申し上げれば、ガイドには説明困難だからです。詳しくは下記の関連サイト等をご研究願います。


このコーナーでは、ライフプランの全体像までは取り上げませんが、家計ポートフォリオをどう読んでいけばよいのか、実例に基づき解説していきたいと思いますので、ぜひ、あなたの金融資産の明細をお寄せください。


<関連記事>
厚生労働省社会保障審議会年金資金運用分科会資料
厚生年金基金連合会>事業案内>連合会の資産運用
あなたのポートフォリオを診断します VOL.1

【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で資産運用関連の書籍を見るAmazon で資産運用の書籍を見る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます