インドネシアその他のエリアの気候とイベント

バリ島以外のインドネシアの島々のうち、代表的な場所の気候をまとめてみました。

■ジャワ島
ジャワ島の高所では気温が下がることも(C)MINESTRY OF CULTURE AND TOURISM

乾季・雨季はインドネシアの他のエリアと同様。年間降水量は平地で2000mm、高地で3000mm。気温は標高により異なりますが、平均気温は27.2℃。 4月中旬の1週間は、タマン・ミニ・インドネシア・インダーで各地の伝統文化の祭典が開催されます。6~7月中旬はジャカルタ祭があり、イベントが開催。8月17日のインドネシア独立記念日にはパレードなどが催されます。

■ロンボク島
乾季・雨季はインドネシアの他のエリアと同様。平均気温は27.1℃。2~3月に豊穣と大漁を願うバウ・ニャレ祭りを開催。

■ヌサ・トゥンガラ諸島
ヌサ・トゥンガラは年間降水量700mmの雨が少ないエリアも(C)MINESTRY OF CULTURE AND TOURISM

スンバワ島、コモド島、スンバ島、フローレス島などからなるこのエリア。乾季・雨季はインドネシアの他のエリアと同様ですが、東へ行くほど乾燥し、降雨量も減少。フローレス島西部の高所は朝夕、冷えこみます。

■スマトラ島
乾季・雨季はインドネシアの他のエリアと同様。ただし、雨量が多く、西部は年間4000mmもの降水量に。旅のベストシーズンは7~9月。平均気温は26.1℃。

 

■スラウェシ島
スラウェシ島はエリアによって標高が高いところもあれば、ビーチも(C)MINESTRY OF CULTURE AND TOURISM

雨季と乾季は緩やかに移り変わり、差が少ないのが特徴。11~2月に雨が多い傾向です。ダイバーに人気が高いメナドの年間経金気温は25℃くらい。山岳エリアでは、1日のうちでも寒暖の差が激しいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。