遊園地といえば初デートの定番。まだ初々しい2人……でも、実は手を握ってみたかったり、ちょっと触れるとドキドキしたり。そんなカップルを、遊園地の「密着ラブラブマシン」たちが強力にバックアップしてくれるのです。

だって、黙っていても「密着ラブラブマシン」に乗ったら“くっつがざるをえない”のです。それにスリルが加わって密着度もさらにアップ、で、2人の仲も急接近、というわけですね。

では、どんなアトラクションがあるのでしょう。そう、密着といっても、いくつかタイプがあります。ここでは、密着アトラクションを3つのタイプに分けてみますね。

  • 【タイプ1】演出系横座り型……p.1

  • 【タイプ2】前後ピッタリ型……p.2

  • 【タイプ3】空中2人きり型……p.3


さあ、はたして、どんなアトラクションなのか? さっそく「演出系横座り型」からいってみましょう。

【タイプ1】演出系横座り型
途中で密室に!? なんで銭湯に!?


「演出系横座り型」とは……2人はライドに隣り合わせで座ります。これだけなら世の中に数え切れないほどのアトラクションがありますが、これにプラスアルファ、ラブラブな演出が加わるのです。

東京サマーランド「ラブエクスプレス」
相手を内側にのせると回転中に遠心力で自然密着。所要時間約1分30秒
■ラブエクスプレス
(設置場所:東京サマーランド)

このタイプの代表選手がこれ。一見、なんの変哲もない回転系マシンに見えるでしょ。ところがところが、まさに、その名のとおりの“ラブ”アトラクションなのです。

ビッグスケールのプールで知られる東京サマーランドのアトラクションエリア「スリルマウンテン」。その一番奥まったところにあるのが「ラブエクスプレス」です(この“奥まった”場所というのも高ポイント!?)。

ライドはもちろん2人乗り。狭い座席にまずはカップルでピッタリと隣り合わせに座ります。スタート直後は、ゆっくり平和に回転するわけですが、徐々にスピードアップ。高速回転による遠心力でライドの2人の密着度は増すばかりです。そして途中から、今度は後ろ向きに逆回転。かなり三半規管がやられてきた頃に、なんとライド全体がシートでスッポリ覆われるのです。つまり、真っ暗闇の中、2人で密室状態……だから“ラブ”エクスプレスなんです。ただし、回転はかなりの高速。回転系に弱い人には「密着ラブラブ」どころではないかも……。くれぐれもご用心を。


浅草花やしき「ローラーコースター」
花やしき名物のコースターが銭湯に入る直前。絶叫マシンではないが、侮っているとけっこう怖いかも
■ローラーコースター
(設置場所:浅草花やしき)

日本に現存するコースターでもっとも古いんです、このコースター。だからというわけではないですが、座席の狭さは天下一品(?)。大人2人で隣り合わせて座るとかなりきゅうくつ……つまり密着型なのです。さらに、近年のコースターほど動きがスムーズではないので、ガタンゴトンと揺れるたびに“くっつき度”もアップ。コース後半にある銭湯へ入っていく(!)演出には、思わず笑ってしまい「さっき何が見えた?」「え~、よく見えなかった」「じゃ、もう1回乗ろう」と、2人の会話ははずみ、さらなる盛り上がりをみせる……はず。


次のページは「前後ピッタリ型」密着アトラクションが登場します。