免税ショッピングというと、「あぁ、もう時間がない!」と大騒ぎしながら、結局ウイスキーと香水を抱えてしまう平良ですが、実は、イギリスでは、知らないうちに免税ショッピングをしている品目があるのです。

今回は、イギリスの消費税と、消費税が免税になる品目についてご説明します。利用の仕方によっては、イギリス中どこでも「免税」ショッピングができますよ。

イギリスでは生活必需品には消費税はかからない

イギリスの政府歳入の内訳からみた税収比率で、消費税の占める割合は、全体の 15% ~ 16% で、税収の第二位になっており、政府の重要な財源の一つです。ただ、イギリスの消費税は、日本の場合とは異なり、基本的な生活に必要なものに関しては、一部の軽減または完全な免税があります。税率および免税対象は、以下のとおりです。

  • 標準税率 : 17.5%
  • 軽減税率 : 5%
    (家庭用光熱費、女性用生理用品など)
  • ゼロ・レート : 0%
    (食料品、子供服、公共交通機関、医薬品および医療器具など)

物価高はもちろん消費税だけでは説明できないのですが、イギリスでは消費税がゼロ・レートのものは、比較的価格が抑えられているということを覚えておくと、旅のプランニングに役立つと思います。以下で、観光客に関係しそうな 2 品目について見てみます。


種類が豊富で格安の食料品

Fruit
家にあった果物をパチリ。1 ポンド (約 200 円) くらいでした。
イギリス人の食生活に欠かせないパンや乳製品は日本の半額くらいですが、野菜や果物も種類によっては日本より安く感じます。量り売りされるリンゴや西洋梨などは、一山 100 円程度です。

イギリスは、日本でも最近注目されているブラックベリーやクランベリーなど、ベリー類の種類が非常に豊富です。また、イギリスで生産されない果物もヨーロッパ各地や海外からふんだんに輸入されており、しかも格安です。フルーツ好きの方は自分でフルーツを買ってきて食べたほうが、外食するよりずっと経済的ですし、満足いくかも知れません。

野菜や果物を安く手に入れたいなら、やはりマーケットへ行くことをお勧めします。ロンドン中心であれば、ソーホーの Berwick Street が有名です。ポルノショップなどが立ち並ぶ、警戒の必要な場所ではありますが、19 世紀半ばから続く、ロンドンの昔ながらの野菜・果物マーケットです。また、前回ご紹介した、アンティークマーケットで有名なポートベローにも大きな野菜マーケットがあります。

もうちょっと落ち着いて買い物したいという方には、スーパーをお勧めします。代表的なスーパーには、最大手の TESCO、グルメ志向の高い Sainsbury's、そして、高品質で知られる Waitrose などがあります。

ぜひ覗いて欲しい子供服売り場

TShirts
子供服であればブランド品にも消費税はかかっていません。旅の急場は子供服でしのぐ!?
小さいお子さんのいる家庭へのお土産は、子供服などはどうでしょうか。デザインがどこか大人びていたり、そうかと思うと思いっきりお姫様風だったりして楽しいです。リボンやラメの好きな子たちには、結構喜ばれます。

また、子供服を出しているブランドも狙い目です。子供服とは言っても、13 歳児用となると、S サイズの日本人であれば、十分着られます。


【参考リンク】
出発前の準備 イギリスの物価と両替

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。