文章:森谷 雄(All About「ハワイ」旧ガイド)

新禁煙法
可愛らしいプルメリアの新禁煙法マーク しかし、その内容はかなり厳しい……
2006年11月16日に施行された「新禁煙法」(Healthy Air & Workplace Law)。非喫煙者の健康を間接喫煙の害から守ることを目的とし、州や郡が定める公共の場所が禁煙区域となる法律です。

「まぁ、ホテルの部屋に戻って一服できれば大丈夫……」なんて思っていても、それも出来ないのが現実。今、ホテルでは「全室禁煙」、そして「全館禁煙」への動きが活発になっているのです。


ツーリストの行動範囲内は、ほぼ禁煙
違反者は罰金50ドル

まずは、「新禁煙法」についておさらいを。喫煙可能な場所、禁煙となる公共の場所をハワイ州観光局の「新禁煙法施行のお知らせ」より抜粋しました。違反者(もちろん、ツーリストも対象)には、最大50ドルの罰金が科せられますのでご注意ください。

喫煙可能な場所
  • ホノルル国際空港 屋外エリア
    インターアイランド・ターミナルと国際線到着ビルの間1階中央部分ほか詳細は、ハワイ州観光局ホームページ
  • ビーチやビーチパーク(海洋生物保護区指定ハナウマ湾を除く)、公園
  • ホテルやモーテル等の宿泊施設の喫煙ルーム
  • 喫煙スペース
  • 民間もしくは半官半民の老人ホームや長期ケアホーム(施設)
  • 個人の住居 等
※ 注意: 喫煙可能な場所でも出入り口や窓、階段、エレベーター、換気装置部分より20フィート(約6メートル)圏内は禁煙区域となります。

禁煙となる主な公共の場所
  • 州や郡が所有する建物
  • レストラン、バー、ナイトクラブ
  • ショッピングセンター
  • 空港内、公共交通機関(バス、タクシー等)
  • ホテルのロビーや通路
  • スポーツアリーナ、屋外アリーナ、スタジアム、円形競技場等の座席部分
  • チャイルドケアや介護施設に使用している個人の住居 等
※ 注意: 上記禁煙となる場所の出入口より20フィート(約6メートル)圏内も禁煙区域となります。

ここで気をつけたいのが、喫煙可能な場所であるはずの「ホテルやモーテル等の宿泊施設の喫煙ルーム」。ホテルでは、喫煙ルームを全室数の20%まで設定できるよう定められているものの、「全室禁煙」、もしくは「全館禁煙」のホテルがほとんど。愛煙家にとって厳しい状況となっています。


喫煙ルームのあるホテルは? ホテル内で喫煙できるエリアは?
ワイキキ主要ホテルの対応を次ページで紹介 >>