7月に入り、韓国でも日に日に暑さが増しています。韓国料理は四季を問わずどの季節でもバラエティに富んだ味を楽しめるますが、夏にもおすすめのグルメがいっぱい! 今回は韓国の夏に欠かせない選りすぐりの3選をご紹介していきますよ!

<記事index>
  • 文句なしの韓国夏グルメの王者・参鶏湯!……P.1

  • 暑い時はさっぱり冷麺を食べよう!……P.2

  • 韓国の夏の人気スイーツ&ティー……P.3


  • 文句なしの韓国夏グルメの王者・参鶏湯!

    参鶏湯(サムゲタン)は夏の韓国料理の王様!
    韓国の夏グルメと言えば真っ先に思い浮かぶのはやっぱり参鶏湯(サムゲタン)です。日本で7月の土用の丑の日に暑い夏を乗り切るために鰻を食べて体力を増強する習慣があるように、韓国では猛暑による体力消耗を回復、栄養をつけるため参鶏湯が食べられているのです。

    鶏丸ごと1羽を1日近くじっくりと時間をかけて煮込む参鶏湯は、鶏の腹部に様々な食材が入っているのが特徴。高麗人参、ナツメ、クリ、ニンニクなど韓国では古くから韓方薬の材料としても用いられてきたものも含まれていることから、参鶏湯は「食べる韓方薬」とも言われています。暑い夏に参鶏湯を食べていると体中から汗が吹き出て来るので、新陳代謝の促進と共に、「体の中から健康になる」と言われる韓国料理の長所を実感することができますよ!

    おすすめ参鶏湯のお店はココ!

    ソウルの中心部にある土俗村(ドソッチョン)の参鶏湯は韓国な伝統的な家屋の雰囲気も味わえる
    街を歩けば参鶏湯のお店をよく見かけますが、今回おすすめのお店として紹介するのは、『土俗村(ドソッチョン)』です。ソウルの中心部・鍾路(ジョンロ)や観光名所で朝鮮時代の古宮・景福宮(キョンボックン)の近くにある土俗村はいつも多くの地元の人や観光客でにぎわっています。現韓国大統領の盧武錻(ノ・ムヒョン)氏もここの参鶏湯のファンだとか。

    木造で韓国の伝統家屋を意識した造りの店舗は、食事をしながら韓国の伝統的な情緒にひたることもできます。やはり1番人気は参鶏湯! 鶏肉の骨が柔らかくなるまで煮込まれ、具たくさんの参鶏湯はお腹も心も満足にしてくれること間違いないでしょう。参鶏湯は11,000ウォン(1,400円)。

    <DATA>
    ■土俗村(ドソッチョン)
  • 住所:ソウル市鍾路(ジョンロ)区体府(チェブ)洞85-1

  • 電話番号:+82-2-737-7444

  • 営業時間:10:00~22:00

  • 休業日:年中無休(旧盆・旧正月は未定)

  • アクセス:ソウル地下鉄3号線・景福宮(キョンボックン)駅(3号線の27番(327)駅)を下車、2番出口を出て直進し、コンビニエンスストアの横を左折。


  • 【関連記事】
  • 韓国の夏にはやっぱり参鶏湯(サムゲタン)
  • (All About韓国)
  • 初心者必見! 本場で食べたい韓国料理5選
  • (All About韓国)

    次のページではこちらも韓国料理の夏の定番メニュー・冷麺(ネンミョン)をご紹介します。