2月~3月まで梅が楽しめる三溪園へ行こう

三溪園では、2月~3月にかけて約600本ものウメが咲き誇ります

三溪園では、2月~3月にかけて約600本ものウメが咲き誇ります

四季折々の花が楽しめる、横浜・本牧にある日本庭園「三溪園(さんけいえん)」。古くから梅の名所としても名高い園内では、約600本の梅が植えられています。毎年2月に入るとちらほらと咲き始め、次々と見ごろを迎えます。

※2019年2月4日現在、早咲きの梅が咲き始めています。例年の全体的な見ごろ(=花が多く見られる時期)は2月中旬~下旬とのことです。
 
紅梅・白梅などが順々に咲き、いつ足を運んでも見られます

紅梅・白梅などが順々に咲き、いつ足を運んでも見られます

梅は桜のようにパッと咲いてパッと散るわけではないので、2月上旬から3月上旬にかけて紅梅・白梅などが順々に咲き、いつ足を運んでも楽しめるようになっています。その中でも特に珍しく、人気が高いのが、「臥竜梅(がりょうばい)」と「緑萼梅(りょくがくばい)」です。
 

竜が地を這うような樹形の臥竜梅(がりょうばい)

竜が臥せているような姿の「臥竜梅(がりょうばい)」

竜が臥せているような姿の「臥竜梅(がりょうばい)」

臥竜梅(がりょうばい)は、竜が地を這うような樹形をしています。画家 下村観山が、屏風画「弱法師(よろぼし)」(東京国立博物館所蔵)を描く際に、モデルにしたことで知られています。例年、2月下旬から3月上旬にかけて楽しめます。咲き具合は気温によって左右されますので、「咲き誇るようすが見たい!」という方は、事前に電話で確認されるとよいでしょう。
・「弱法師」の画像はこちら⇒東京国立博物館
 
臥竜梅(がりょうばい)は少し離れて見ると竜の姿に見えます

臥竜梅(がりょうばい)は少し離れて見ると竜の姿に見えます

 

萼が黄緑色になっている緑萼梅(りょくがくばい)

花弁を支える萼(がく)の部分が黄緑色の「緑萼梅(りょくがくばい)」

花弁を支える萼(がく)の部分が黄緑色の「緑萼梅(りょくがくばい)」

もうひとつの緑萼梅(りょくがくばい)は、昭和52年に、横浜市の友好都市である中国 上海市から贈られたものです。花弁を支える萼(がく)の部分が緑色になっているという、珍しい梅。花が咲いていたら、よくよくご覧になってください。白梅の中央部分が、くっきりとした黄緑色になっています。例年、2月上旬~下旬にかけて咲きます。 
 

麦茶の無料配布などイベントが楽しめる観梅会

観梅会の時期、初音茶屋(はつねぢゃや)では、無料で麦茶がふるまわれます

観梅会の時期、初音茶屋(はつねぢゃや)では、無料で麦茶がふるまわれます

毎年2月中旬~3月上旬(2019年は2月9日~3月3日まで)に観梅会が開催され、期間中は毎日、初音茶屋(はつねぢゃや)で麦茶の無料接待が行われています。明治39年の開園当初から、ここでお茶や白湯がふるまわれていたそうです。大正4年には、学生時代の芥川龍之介もここを訪れ、お茶を楽しんだ、という手紙があるんですって!

このお茶の接待は戦時中に一時途切れてしまったものの、昭和57年に古釜発見を機に復活。観梅会の時期だけ、当時の古釜で沸かした麦茶がふるまわれます。熱い麦茶はポットに入っていて自由に飲める(10:00~15:30)ので、園内散策の途中、こちらで一息ついてくださいね。

このほか、観梅会の期間中は、お囃子や猿まわしなどのイベントも行われますので、公式サイトで日にちを確認のうえ、お出かけください。  

梅と合わせて古民家に飾られるお雛さまも楽しんで

合掌造りの旧矢箆原(やのはら)家住宅ではお雛様の展示が

合掌造りの旧矢箆原(やのはら)家住宅ではお雛様の展示が

旧矢箆原(やのはら)家住宅(合掌造り)内では、桃の節句に合わせて雛人形が展示されます。2019年は2月7日(木)~3月4日(月)、時間は9:00~16:30。2月21日(木)に人形を飾り替えがあります。合掌造りの古民家で風情あるお雛様をご覧ください。
 
三溪園のウメは2月上旬から3月上旬まで楽しめます

三溪園のウメは2月上旬から3月上旬まで楽しめます


例年2月中旬から3月上旬にかけて全体的な見ごろとなる、三溪園の梅。遅咲き、早咲きなどさまざまですので、いつ訪れても楽しめると思います。寒い時期ですが、春の到来を告げる梅の花を楽しんでみては。

 【DATA】
住所:横浜市中区本牧三之谷58-1
TEL:045-621-0634
開園時間:9:00~17:00(最終入園は16:30)
入園料:大人700円 小人 200円 ※2017年7月より料金改定
※この他、割引や回数券、パスポートなどがあり⇒三溪園公式サイト
休園日:12月29日、30日、31日 ※不測の事態による臨時休園あり
交通・アクセス:根岸駅1番乗り場より《市バス58・99・101系統 》10分 本牧下車 徒歩10分
横浜駅東口2番乗り場より《市バス8・148系統》35分 三溪園入口下車 徒歩5分、《ぶらり三溪園BUS》(土・日曜日・祝日限定運行)45分 三溪園下車すぐ
地図:Googleマップ
URL:三溪園 http://www.sankeien.or.jp/

※記事内の画像は2012年3月20日に撮影。この年は2月の気温が低く、3月下旬まで梅が楽しめました。

【関連記事】
横浜で梅のお花見が楽しめる公園・名所・梅まつり
梅が咲いたら、桜はもうすぐ⇒横浜のお花見スポット
紅葉の季節は日本画のような美しさ⇒横浜の紅葉スポット「三溪園」の見頃や楽しみ方
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。