困難を乗り越え、巨大バッタが再び空へ!

困難を乗り越え、巨大バッタが再び空へ!

2001年9月2日から始まった現代アートの祭典「横浜トリエンナーレ2001」。そのシンボル的存在の作品『インセクト・ワールド 飛蝗(ひこう)』が注目を集めている。ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル(以下インターコンチ)の壁に張り付く、巨大なバッタバルーンだ。

作者は椿昇+室井尚。作家であり美術教師である椿と、哲学者で横浜国立大学助教授を勤めている室井のコラボレートによって生まれた。数々の困難を乗り越えて9月2日のイベント開幕に浮上したのだが、トラブルが続き降下してしまった。そのバルーンが9月23日に再浮上するまでを追った。
※この記事は2001年10月の情報です。

【INDEX】
P1~2 わずか2日間の命
P3  風ニモ負ケズ 雨ニモ負ケズ
P4  起死回生の浮上大作戦
P5  最後の難関を乗り越えて
P6  男たちの宴

【関連記事】
「インセクト・ワールド」プロジェクトを追う1 巨大バッタ、再び空へ!
「インセクト・ワールド」プロジェクトを追う2 巨大バッタ出現までの道

わずか2日間の命

トリエンナーレ開幕の夜に浮上させた喜びもつかの間、そのわずか2日後に事故が発生した。突風でワイヤーとバルーンをつなぐロープが切れ、バルーンを降ろさざるをえない状態になってしまったのだ。予想以上のハマ風の力だった。

このころから、室井が勤めている大学の学生ボランティアが、大人たち以上に働きはじめた。「自分たちがしなきゃ、ダメだ」という気持ちがふつふつと沸きはじめていた。
「ボクたちで上げます!」──中野・小松・新堀ら数名の学生が室井にそう言ってくれた。すぐに新堀がバルーンを固定する図面を引き直した。「バッタはもっと美しいカタチになるはず」そう思っていたからである。

バルーンは、80kgもある鉄骨が折れ曲がるほど強い風圧を受けていた!

バルーンは、80kgもある鉄骨が折れ曲がるほど強い風圧を受けていた!

学生たちが奮闘する中で、悲劇が起きた。バルーンを乗せている鉄骨─80kgもある一番上のスライダー─が曲がってしまったのだ。普通に見ると、曲がるとは考えられない太い鉄骨。それがいとも簡単に曲がってしまった。バルーンが受ける風圧の強さを、目の当たりにした瞬間だった。