日本最大規模の現代アートの祭典「横浜トリエンナーレ」が2001年9月2日から始まった。そのシンボル的存在が、椿昇+室井 尚の作品『インセクト・ワールド 飛蝗(ひこう)』だ。開催初日、一度その姿を見せたものの、台風や故障などのトラブルが続き、残念ながら降ろされていた。その巨大なバッタが9月23日、再び空中に浮かび上がった。
椿昇+室井 尚『インセクト・ワールドundefined飛蝗(ひこう)』

椿昇+室井 尚『インセクト・ワールド 飛蝗(ひこう)』

※この記事は2001年9月の情報です。

体長約34メートル、この前代未聞の巨大バルーンが、どうしてヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル(以下インターコンチ)の壁にはりつくことになったのか、どんな人がつくったのか、一体どうやって取り付けたのか。きっとドラマが隠されているにちがいない。どうしても知りたくなってしまった。再浮上する瞬間を見てみたい! 探っていくと、作者の一人が横浜国立大学の助教授であることがわかった。さっそく、その人にコンタクトをとってみた。そして、私は「インセクト・ワールド」に迷い込んでいった。
※第1回は再浮上の場面(2001年9月23日)を速報でレポート!

巨大バッタ、再び空へ

喜ぶ椿氏と中野くん

喜ぶ椿氏と中野くん

9月23日14:40、インターコンチの屋上で、歓声が沸き上がった。椿と室井の表情に安堵と疲労の色が浮かぶ。「お疲れさま、お疲れさま」──ボランティアとして働いた学生たち一人ひとりに声をかける。室井が勤める横浜国立大学の生徒たちだ。「あぁ、終わった……」女子学生がつぶやく。握手を求めて男子学生が走り回る。

 

誰もが空中に浮かんだ、巨大な緑色の物体を見つめていた。「こいつらがいなければ、この作品は完成させられなかった」と、室井も椿も口をそろえてそう言った。

再び浮上した巨大バッタを見上げる、バッタチームの面々

再び浮上した巨大バッタを見上げる、バッタチームの面々


作品名は『インセクト・ワールド 飛蝗(ひこう)』。空飛ぶイナゴだ。

中央左…室井氏、中央右…椿氏

中央左…室井氏、中央右…椿氏

そして椿と室井は、毎日現場に現れていたインターコンチの施設担当副支配人と握手を交わす。バルーンを創った風船工房の皆と喜び合う。誰もがとびきりの笑顔を見せている。大人たちが、まるで小さな子どものような顔になっている。いたずらを成功させたような顔、とでも言おうか。