2001年秋、みなとみらい21地区現代アートの祭典「横浜トリエンナーレ」で沸いている。このイベントのシンボル的存在『インセクト・ワールド 飛蝗(ひこう)』は、展示作品の中で一番大きい。体長約34メートル、手足を入れると約40メートルにもなる、巨大なバッタ型のバルーンだ。
椿昇+室井尚《インセクト・ワールドundefined飛蝗(ひこう)》2001

椿昇+室井尚《インセクト・ワールド 飛蝗(ひこう)》2001

作者は椿昇+室井尚。芸術家であり美術教師である椿と、哲学者で横浜国立大学助教授である室井のコラボレートによる作品。ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル(以下インターコンチ)の壁にこの作品が登場してから、横浜の景色が変わった。わざわざ遠くから見に来る人もいるという。注目を集めている巨大バッタの舞台裏を探るべく、私はインセクト・ワールドに乗り込んだ。
※この記事は2001年10月の情報です。

【INDEX】
P1 机上の空論を実現したい
P2 解決策はゴンドラの上に
P3 ほふく前進のワイヤー工事
P4 ベールを脱いだ巨大バッタ
P5 浮上へのカウントダウン

机上の空論を実現したい

横浜・みなとみらい21地区のシンボル、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

横浜・みなとみらい21地区のシンボル、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

「とんでもない! できるわけがない!」パシフィコ横浜の施設を管理する施設課長・八幡はそう言い続けた。巨大バッタの話がパシフィコ横浜にきたのは2001年5月のこと。パシフィコ横浜はインターコンチを所有している、いわゆる大家さんだ。

50メートルもの大きさのバルーンを壁のどこへとりつけると言うのだ。仮に取り付けられたとしても、風に耐えられるわけがない。バルーンにかかる風圧は何10トンにもなるだろう。ゼッタイに無理だ。

「あの時、先生方は『イヤなヤツだなぁ』と思ったにちがいありません。でも、こちらとしては何も具体的な案がない企画に賛成するわけにはいきませんでした。その時、安全面・設備面での具体策があれば、あそこまで強くは否定しなかったんですが」八幡はそう振り返る。

「どうしても上げたいんです!」椿・室井の熱心な口調におされ、とにかく、インターコンチを建設した関係者を交えて会議を行うことになった。