オリオンビール名護工場でビールを飲む
一番美味しいオリオンビールはここで……

沖縄で一番美味しくビールを飲む方法

沖縄のビールといえばオリオンビール! 亜熱帯沖縄の自然環境の中で生まれたライト感覚のビールです。

どこのお店に入っても、必ず置いてあるオリオンビールですが、一番美味しい場所をご存知ですか? 言わずと知れたオリオンビールの工場です。ANAホテルズ沖縄ブログでも工場で飲むビールを絶賛しています。

お客様を連れて沖縄本島のやんばる地域に行ったとき、私が必ず立ち寄るのは沖縄本島北部、名護市にあるオリオンビールの工場です。オリオンビールの製造工程を見学しつつ、出来立てビールを飲む! 

いやいや、これはもう最高の贅沢!

美味しいビールを飲むには工場見学が必須
美味しいビールを飲む前に工場見学を

オリオンビールの歴史

オリオンビールは、ビールメーカーとして日本の大手5社(キリン・アサヒ・サッポロ・サントリー・オリオン)のなかでは、シェアわずか0.9%と最下位に過ぎません。しかし、地元沖縄では圧倒的な強さを誇ります。沖縄県内でのシェアは約50%! 最強のビールと言えるでしょう。

さて、オリオンビールはアメリカ統治時代の1957年に誕生しました。当時の名称は沖縄ビール株式会社です。この時、沖縄では日本の大手ビールメーカーが勢力を奮っており、オリオンビールは苦戦を強いられました。


オリオンビール名護工場でビールを飲む
いよいよ飲むぞー!
そして、肝心の味のほうというと、ドイツ系の重いビールです。ヨーロッパの気候には合うけれど、南国沖縄ではちょっと苦しい。そこで同社は、ビールをアメリカ系のライトな味に切り替えました。ここから一挙に人気爆発。本土系ビールを駆逐して、県民ビールの座を確保、いまに至ります。

現在、オリオンビールは、大株主であるアサヒビールと提携しています。沖縄の酒税優遇措置が切れることに鑑み、生き残り戦略としてアサヒビールとの提携を選びました。

ですから、オリオンビールの工場では沖縄で消費する分のアサヒビールも製造しています。また、アサヒビールは沖縄県外(奄美諸島を除く)でオリオンビールを販売しています。

だけど……、本音を言えばオリオンビールを美味しく飲むのは沖縄がイチバンです。この気候の中から生まれたビールですから当然ですよね。

亜熱帯沖縄ではライト感覚のビールのほうが美味しく感じられます。私個人のケースですが、もともとヨーロッパ系の重いビールが好きだったのに、沖縄で暮らすようになってから、それが苦手になりました。

オリオンビール名護工場でビールを飲む
オリオンビールのグッズ類はお土産にピッタリです
ということで出来立てホヤホヤのオリオンビールを楽しみつつ、併設の売店を眺めてみれば、オリオンビールの形をしたライターや特製おつまみ、あるいはオリジナルTシャツなど、ユニークなお土産グッズが揃っています。ちょっと気の利いたお土産になること請け合いです。

ビールを一番美味しく飲む方法は、新鮮! 作りたて!の製造工場に行くしかありません。沖縄本島北部に行かれたら、ぜひともオリオンビールの工場に立ち寄るべし!


オリオンビール名護工場でビールを飲む
何はともあれオリオンビールで乾杯さびら!
オリオンビール名護工場
住所 沖縄県名護市字東江2・2・1
電話 0980・52・2137
見学 予約電話 0980・54・4103(当日可)
参考 オリオンビールオフィシャルサイト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。