■浜比嘉島で遊ぶ
昔の石垣が所々に残る浜比嘉の集落

浜比嘉島は、沖縄本島中部の勝連半島から車で15分ほどにある周囲7kmに満たない小さな島です。約167世帯、人口わずか421人(2004年3月現在)。島民の半数以上が農業と漁業に従事しています。

この島は、決して有名な観光地ではありませんが、神々が住む神秘の島にふさわしく、集落のたたずまいにも昔沖縄の風情がたっぷりと残っています。心も身体も安らぐ不思議な島なのです。

【島を散策する】

浜比嘉大橋を渡ると、右側が浜地区、左側が比嘉地区です。時間がある方は、風情あふれる集落を散策されてはいかがでしょう。
昔使われていた井戸静粛な気持ちにさせてくれる浜比嘉の自然

浜地区には「西の御獄」「ビジュル神」「ウブガー」、そして立身出世の神といわれる「地頭代火の神」が祭られています。

また、浜比嘉大橋から左にある比嘉地区には、前述の「アマンジ」「シルミチュー霊場」のほかに築120年を経た古民家「吉本家」、「比嘉グスク」、「ソージ御獄」、「竜神神」などがあります。

浜比嘉大橋のまん前、両地区にいたる中央付近には「東の御嶽(シヌグ堂)」、「ヤマトンチュ墓」があります。


【ビーチ】
浜比嘉島の海浜比嘉島のビーチで遊ぶ

浜地区には沖縄県のふるさと海岸整備モデル事業により「浜ビーチ」が整備されています。また、比嘉地区には比嘉漁港近くに「兼久ビーチ」が、島で唯一のリゾートホテル「マリンリゾート浜比嘉」の下には「ムルク浜」というビーチがあります。

浜比嘉のビーチの特徴は、なんといっても静けさ。夏休みシーズンになると、静けさの保証はできませんが、それでも他のビーチに比べると静寂です。

私がここのビーチでよくやるのは「昼寝」♪ 波の音がなんとも心地いいんですよ。木陰、あるいは岩陰にもぐりこみ、1~2時間ぐっすり、なんてこともザラなんです。

※勝連町役場産業課商工観光係 電話098・978・2158 

【釣り】

浜比嘉島周辺は全て釣りの好ポイント島の周辺すべてがポイントです。大型魚から小魚まで狙えますが、特にタマンは魚影が濃いそうです。タマン狙いならばマリンリゾート下のムルク浜がおすすめとのこと。浜漁港はハイイユ釣りの名所だとか。アヤバイユ(ホシサヨリ)の大型も数釣れるといいます。

比嘉集落前の船着き場突堤はファミリー向けのポイント。約300mの突堤の比嘉漁港は中級、ベテラン向きのポイント。また、打ち込みで、ガクガク、クワガナー、ジューマー、ムルー、ヤマトビーなど、手のひらサイズ。シルミチャー霊場近くの海岸は、大型タマンのポイントだそうです。

なお、釣りだけでなくビーチにいかれる人にもお願いしたいのが、ゴミは持ち帰ってね♪

※屋慶名つりぐ店 電話098・978・4656


【1ページ】琉球開びゃく神話「アマミキヨとシネリキヨ」
【2ページ】浜比嘉島で遊ぶ(散策・ビーチ・釣り)
【3ページ】浜比嘉島で泊まる・食べる・イベント