北海道を旅する楽しみは、やはり「食」。おいしい食の後ろ側には、そこで尽力されている生産者さんがいます。このシリーズでは、そんな生産者さんに注目してご紹介します。生産者さんのことはもちろん、生産現場を通して見える景色の素晴らしさ、おいしい”素”が生まれる大地の魅力を垣間見ることで、さらなる北海道ファンが増えることを願いつつ、お送りします。

2回目は、おいしいジャガイモを生産する「ファーム・ウメムラ」。2ページ目には、取り寄せ情報をご案内しています。

ジャガイモ畑を訪ねる

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/7/6/3/8/3/ume1.jpg
見てください、いい笑顔でしょ。自慢のジャガイモの出来に会心の笑みを見せるのは、千歳市の生産者「ファーム・ウメムラ」の梅村拓さんです。奥さまとふたり、多彩な農産物づくりに情熱を傾け、多くの料理人、こだわりの八百屋さんに支持されている農家さんです。
フレッシュハーブや面白い西洋野菜、北のサツマイモなど、梅村さんご夫妻の農産物はいろいろと魅力的なのですが、ファーム・ウメムラといえば、やはりジャガイモを紹介したいと思います。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/7/6/3/8/3/ume2.jpg
▲カブにコールラビ、スティックセニョールなどなど、ファーム・ウメムラで収穫された野菜の一例。畑に遊びに行くと、初めて見る野菜がたくさんあって楽しい! そういえば、梅村さんの畑ほど、来客の多い畑はないかもしれません(笑)。雑草取りやイモ掘りの手伝いに来る人、癒されに来る人、見学に来る人などなど 画像協力/ファーム・ウメムラ(以下同様)

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/7/6/3/8/3/ume3.jpg
▲これはアーティチョークだそうです。初めて見ました! アーティチョークの後ろにいるのは、看板息子のお兄ちゃん。看板娘の妹ちゃんと一緒に畑作業のお手伝いをしています。ふたりとも、いつも自然と接しているせいか、笑顔がいいんですよね


梅村さんが就農したのは2005年。食品会社から農業への転身には、お父様(故人)の存在が大きく影響していると聞きます。お父様は北海道農業試験場に在籍し、ジャガイモの育種に従事。さまざまなジャガイモ品種の開発に尽力し、世界のイモ事情にも精通した、まさに”イモ博士”。そんなお父様の背中を見て育った梅村さんが、生産現場を志したのは自然の流れなのかもしれませんね。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/7/6/3/8/3/ume4.jpg
▲左の小さいイモが「インカのめざめ」、右側が「キアカリ」
梅村さんが栽培するジャガイモは、イモ博士が育種した「キタアカリ」と「インカのめざめ」が主体。果肉が黄色いキタアカリはカロチンが豊富で、ビタミンCの含有量は男爵薯の1.5倍。でんぷん質が高くホクホク感のある食味が特徴です。一方のインカのめざめはここ最近、名前が定着してきた品種。小粒ですが、果肉は栗のような鮮やかな黄色。甘味と濃厚な味わい、ねっとりした口当たりが印象的です。

▼梅村さんのジャガイモづくりのこだわりは…次ページへ