ご存知の通り、ススキノはお洒落なバーに渋い居酒屋、クラブ、風俗店などなど、多種多彩なお店が混在するエリア。その数4500軒といわれ、東京以北最大の歓楽街です。1つのビルに風俗店やワインバー、レストランが同居してるのも、ススキノならではかもしれません。わかりやすく言えば、歌舞伎町や銀座、渋谷などいろんな街がゴッチャになったエリア。だからこそ、さまざまな世代のニーズに合ったお店が揃っているワケです。
ネオンに圧倒されず札幌の夜を美味しく楽しく過ごすために、魅惑のススキノについてご紹介しましょう。

【本記事は2001年のものです。内容に変更がある場合もございます。ご了承くださいませ。】


初級編:ススキノとは?
中級~上級編:上手なススキノの歩き方
実践編:こんな時に行きたいオススメ店その1その2

●○●初級編:ススキノとは?

ススキノという地名、実は存在しないんですよ。地下鉄の駅名やビル・店名にあるくらい。この名前の由来は、明治時代、この一帯がススキに覆われた原野だったことから付けられたのだとか。開拓者の足止め策として遊郭がつくられ、通称として呼ばれていたのが現在に残ってるのでしょうね。毎夏行われるすすきの祭りでは、往時を偲ばせる花魁(おいらん)道中が街を練り歩き、人気を集めています。

で、ススキノのエリアですが、一般的にはススキノ交差点のある南4条~南7条、西2丁目~西6丁目の範囲。でも最近は、その周辺にもお店ができているので、正確なところは・・・です。

●○●中級~上級編:上手なススキノの歩き方

■ススキノまでのアクセスは地下鉄が便利。南北線すすきの駅で降りると、そこはもう北の歓楽街。大通駅から1駅、札幌駅からは2駅。

■ススキノだけではなく、札幌の中心部は碁盤の目になっていて、南北の通りを条、東西を丁目と呼んでます。地元では条と丁目を省き、例えば南5条西6丁目は「南5の西6」と呼ぶのが普通。ススキノは南と西に広がっているので、東西南北も省いちゃって、「5の6」と呼ぶ場合が多いですね。
旅行者にもわかりやすい街ですが、仲小路に面したお店もあるので、住所のほか、ビルやお店がどっち向きに建ってるのを確認すると完璧。ちなみに、方角を確認する場合、大通公園や札幌駅方向が北側になるので、位置関係も把握しやすいですよ。

■覚えておくと便利な用語。
【駅前通り】札幌駅から南へ伸びる西3と西4の間の通り。【ロビンソン】南4西4、ススキノの入り口に建つデパート。地下鉄南北線すすきの駅とも直結していて、待ち合わせの定番になってます。

■グリーンビル、桂和ビルなど同じ名前のビルがたくさんあるので、No.まで必ず控えておきましょうね。

■これは男性へ。安全な歓楽街ですが、アナタの下心につけ込むぼったくりバーなどがあるようです。宣伝カーや街頭ビジョンで傾向と対策を流してますので、耳を傾けくれぐれもご注意を。