神戸
子連れ目線で見た「神戸」をご紹介します!
最近、「紹介されていた宿に行きたいが、周辺に観光スポットはある?」とか「行ってみたいがアクセスは楽なのか?」なんてご質問を多くいただくようになりました。宿がどんなに子連れ向きでも、アクセスしづらかったり、せっかく一泊したのに周辺観光に子供と楽しめるものがないとなると、旅先としては魅力半減です。そこで今後、街やエリアそのものを子連れ目線でご紹介するシリーズも書いていきたいと思います。

まず今回ご紹介するのは西の港町「神戸」。神戸というと、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか。part1の今回は「神戸の街が子連れにおすすめのポイント」、そしてpart2、part3(共に9月中旬掲載予定)では具体的にファミリーにおすすめの宿やレジャースポットをご紹介していきます。

INDEX
■神戸に行くなら空の旅がおすすめ!
子連れにうれしい3つのポイントとは?


街まですぐ!の神戸空港「マリンエア」

神戸空港
人工島に建設された「神戸空港」は、神戸の中心地「三宮」から約8kmという近さ。
車を利用するのはもちろん、神戸には山陽新幹線(新神戸駅)も通っているので、電車を使って遠方からアクセスすることも比較的スムーズといえます。しかし、例えば東京からなら約3時間と移動時間としては短いとは言い難いため、子連れの1、2泊の旅行の対象としては考えにくいという一面がありました。この距離を飛躍的に身近なものとしたのが、2006年2月に開港した神戸空港「マリンエア」です。

神戸空港から見た市街地
空港の展望デッキからは、海をはさんだ先の市街地も見渡せる。
空港と言うと街の中心地から離れていることが多いため、飛行機を降りたあとの移動距離を考えるとより一層遠くに感じてしまうもの。しかし、この神戸空港は神戸の中心地「三宮」まで、空港ターミナル直結のポートライナーで約18分。空港内の移動も非常にシンプルで効率よく、乗り換えに要する時間はわずかです。朝はゆっくり出発しても、午前の便で出れば、ランチを神戸の街で、というのも現実的な話。

神戸が子連れでもアクセスしやすい、という話の次は、観光に関して「子連れに嬉しい3つのポイント」をあげてみましょう。

→いよいよ神戸観光!子連れにうれしい3つのポイントとは?